〈アリスへの決別〉山本弘

8月発売の本なのに、もう図書館に入っていました。
村上春樹くらいの著名な作家でも発売1週間後、そうでないと1ヶ月後なのに、異例の早さです。
どうやら、うちの図書館内部?には、山本弘ファンがいるみたいですね~
でも表紙からして、ロリコンが爆発したような表紙ですが、大丈夫でしょうか。。。(笑)

【アリスへの決別】
ロリコン雑誌(笑)に掲載された、児童ポルノ法問題への問題提起的作品。
ルイス・キャロルであるドジスンが、アリス・リデルに未来の話をする。。。
なるほど、ルイス・キャロルは少女写真マニアで、それをロリコンに結び付けたというわけでしたか。。。
でも、少女の一糸まとわぬ裸を撮るのは、昔でもちょっとヤバイと思うけれど。。。(笑)
【リトルガールふたたび】
おバカタレントが一斉風靡している、いまの社会への一撃みたいな作品。
言いっぱなしで、なんかあまり落ちがない感じ。。。
【七歩跳んだ男】
宇宙服を着ないで真空で死んでいた男はいったいなにが原因で死んだのか。。。?
SFミステリだけれど、真面目にこんなことを信じている人がいるというのは驚き。。。
でも真相はべつのところに、といった感じですが。
【地獄はここに】
偽霊能者が少女殺害事件の真相を解こうとするが。。。
「屋上にいるもの」と同様、ミステリタッチの話。
ミステリに慣れている私にとっては「屋上にいるもの」同様、早々に謎が解けてしまった。
【地球から来た男】
宇宙船〈ラウウァカナァ〉に密航してきたのは、地球から来た謎の青年だった。
その正体とは。。。?
これは微妙な題材ですね。
でも、よく言ってくれたという感じです。
しかも男系男子って、結局のところはトンデモ説だったんですね。
××制度復活も、ちょっと今時ね~というかんじでしたけれど、言っている本人は大真面目だったんでしたか(笑)
私は女が○皇でもいいと思っているので、何かにつけていろいろと叩かれているいまの皇○子一家が可哀想でならないです。
【オルダーセンの世界】
自分たちの地域以外は皆、廃墟と化した世界で、シーフロスという女性が現われて。。。
「シュレディンガーのチョコパフェ」にチョイ役ででてくる深夢ダイバーのシーフロスにスポットを当てた作品。
亜夢界という独特の世界観がなかなか面白い。
【夢幻潜航艇】
その亜夢界での危機を描いた作品。
この亜夢界というのを、いろいろと言葉を使って説明してくれているんですが、イマイチよくわからない。。。(笑)
でも、ま、大雑把になんとなくはわかるので、それでいいかという感じです。

全体的に、著者が収集しているトンデモ話の成果がうかがえる出来かも。。。(笑)
でも「シュレディンガーのチョコパフェ」から読んだ方がより楽しめるのかな、と思いました。
読まないと。。。(汗)

講談社 2010年8月発行 ★★★☆


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

ルイス・キャロルが居た時代の大英帝国って、ロリ系売春が合法だったらしいですね。
ドッジソン氏本人は、少女たちと楽しく過ごす趣味が確かにあったらしいけど、そっち系の事じゃなかったとか。(もっとも少女時代のアリスにプロポーズしたエピソードもあるとか)

女の○皇で何が悪い。って思ってたんですが。。。。前例は未亡人または独身ばかりで、後継問題に直結らしいです。

No title

ああ、なるほど。だから少女のヌード写真を撮ることも、親が容認しちゃったりと、それほど変態趣味って訳ではなかったんですね~(笑)

女の○皇もそうだけど、近年は男の○皇も草食系男子だと、後継問題に響きそうです。しかし男系男子説がトンデモとは初耳でした。

No title

図書館の山本弘に対する熱意は謎ですね~
逆にうちの図書館では冷遇されているのでそのうち遠征します(笑)

「収集しているトンデモ話の成果」ですか?なかなか期待させますね~
しかし、表紙は…(^_^;)

No title

横浜の図書館にもありましたよ。しかも予約2です。
藤中さんのアドヴァイスどおり、「シュレディンガーのチョコパフェ」をまず借りることにしました。

No title

びぎRさん。8月10日が発売日ということで、私が予約2番目で、1週間前に借りたので、ほぼ出たと同時にって感じです。あやしすぎるほど、おおいに謎です(笑) 小説のネタを探すために、トンデモ話を収集しているのではといっても過言でない出来です。あんまり予約が並んでいないので、そのうち遠征してください。。。(笑)

No title

めにいさん。うちの図書館も予約2です。なんか予約が並んでませんね~(笑) 亜夢界という独特の世界観なので、たぶん「シュレディンガーのチョコパフェ」から読んだ方がよりわかりやすいかも。って、よけいわかりにくかったりして。。。(笑)

No title

図書館内分に山本弘ファンがいるのですか。確かに図書館って、職員の趣味に偏った品揃えが見受けられますね。
自分と趣味が合えばラッキーですけど(^^;

No title

いまのところそうとしか思えない品揃えの素早さです(笑)
いろいろと図書館員さんの趣味でというところもあるんでしょうね、と、そういったことを想像するとけっこう面白いですね。

No title

えーと、伏字がほとんど意味ないですが(笑)
確かに微妙な題材です。

No title

びぎRさん。伏字バレバレでよかったかも。なんとなく内容を思い出したような気がする。。。(笑)

No title

やはり、表紙のインパクトが(笑)

No title

> びぎRさん
図書館で手渡されるときにドキッとするよね。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR