〈東京箱庭鉄道〉原宏一

「大仏男」のタイトルに惹きつけられて著者を知ったのですが(笑)、この本もタイトルに惹かれて思わず手を出してしまいました(こう考えるとタイトルって大切です)
で、一読、これは凄く面白いです。
やはりタイトルがいいと、内容もいいというのはあながち嘘ではない感じ。
ここのところ、数読めば当たる方式から(笑)、読む本を少なくして厳選する読みかたをしているためか、読む本が当たりはじめてきているな、という実感です。

会社を辞めて、祖父から譲り受けたアパートで生計を立てている青年、妹尾順平。
金銭面では不自由しない彼だが、目的もなく、ただ漠然と過ごす毎日。
そんな彼の許に、ある日、老紳士が現われ、予算400億円で、「東京に鉄道をこしらえて欲しい」と頼まれる。
突然のことに怪しいと疑いながらも、順平はその話に乗ることになるのだが。。。

あいかわらず、読みやすい文章で、さくさくと読めるのは、さすが。。。
内容はというと、途方もなく夢のあるお話で、順平が仲間を集め、東京に鉄道を敷くという目的に向かって、あれこれと悩みながらも一致団結して計画を立てていくという話。
ただそれだけの話なんですが、読んでいる私も、このでっかい夢物語にワクワクしてしました。
何よりも主人公をはじめとして、登場人物に魅力があるのがいいです。
順平の元仕事仲間のリエをはじめ、国鉄民営化と共に退職をした、列車運行ダイヤ──運行図表を作る、鉄道のプロ中のプロである50代の徳さん、そして高校時代、怪我で花園出場を断念したラガーマンのミキオなどなど。
その仲間たちが、一見難物そうな鉄道を造ることに意欲をだす。
夢物語がひとつずつ現実になって、そしてラストの展開に、一喜一憂。
物語の終盤、リエの「あんな楽しかった毎日が全部終わっちゃうんだと思ったら──」のセリフは、読み手も同じで、この話が終わってしまうのが残念なくらい物語に入れ込んでしまった。
ラストがちょっぴり苦くても、何かまた企画を立ち上げて。。。という登場人物たちを応援したくなるのは、たぶん私だけではないはずです。

祥伝社 2009年5月発行 ★★★★


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

藤中さんが、4つ星とは、かなり面白そう。
検索してみたら、図書館ではかなりな冊数を揃えているのに予約0です。ふふ。
いきつけの図書館にもあるので、ちょっと見てきますね。

No title

400億と言えば途方もない大金みたいに聞こえるけど、しかし東京で鉄道となると、土地取得だけでも足りないような気が。

そもそもどことどこを繋ぐ線路なんでしょう。お話の終わりが残念とは、かなりの出来みたいですね。

No title

作者自身も、こんなに楽しい物語が終わってしまうのか・・・と思いながら書いたのかもしれませんね。

No title

めにいさん。うちのところは1冊しか入っていないんですが(笑)、そちらの図書館がそんなに本が入っていたとは、当時はかなり予約が並んでいたようですね。鉄道を敷くというデカイ夢なので、普通に書くと絵空事になっちゃう感じですが、なかなか読ませるんですよ。

No title

イカダさん。そうそう400億というのはデカイ金額ですが、鉄道を敷くにはそれほど沢山というわけではないんですね。なので、短い線を計画して、なるべく土地を使わないところがポイントでしょうか。私も東京でここのところが不便に思っていたので、実際に開通して欲しいな、なんて思いました。

No title

タバさん。たぶんそういうことなんでしょうね。著者は書き終わった瞬間、思わずガッツポーズをとったんではないでしょうか。。。(笑) そのくらい、いろいろと調べて書いてあったので、完成したときは感慨深かったのでは、と。。。

No title

え~~、そんな楽しい毎日なの~~・・・読みたくなりました。あとで図書館の検索で探してみます!ポチ☆

No title

「目的もなく、ただ漠然と過ごす」も悪くはないですが(笑)
路線は、多摩地区の南北の交通が不便なので、その辺がいいかな。

No title

Puffさん。こういったデカイ計画を立てるのもなかなかいいのではないかと思いますね。ま、実際にはそんないい話は私のところには来ないでしょうが。。。(笑)

No title

びぎRさん。祖父の遺したアパートの家賃生活はいいですよね~ 私もあやかりたいです。どちらかというと東京は全体的にすぐ隣なのに行けないって感じですよね。新たな路線は集客もよく、名所も押さえたところのようです。

No title

読みました。文句無しに面白い。もう笑いながら、ワクワクして読みました。
ありがとうございました。

No title

この話はけっこうワクワクしますよね。鉄道を敷くという夢物語がこんなにも面白くなったのは著者の力量でしょう。しかしかなり遅い時間帯に出没ですね~

No title

お久しぶりのわりに古い記事にコメントですいません。
うちのチビ太が電車好きなので、ちょっと興味を引きました♪
いやん、なかなか面白そうではないですか~
図書館チェックしてきます^^
最近伊坂幸太郎ばかり読んでます。
関係ないですが、読書メーターいいですねぇ
登録しちゃった(笑)

No title

これはなかなか面白いので、今年の私のベスト上位に食い込みそうなのです。かなりのお薦めですよ。あと電車ものでは中村弦の「ロスト・トレイン」なんかもお薦めです。伊坂幸太郎は初期あたりはいいもの多いんですけれど、最近、実験的なのが多くて。。。読書メーター登録しましたか。お気に入り機能がついているので、見つけしだいお気に入りに登録しときますね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR