〈マザー〉平山瑞穂

このあいだ読んだ世界初の「糖尿病」闘病エンターテインメント小説「シュガーな俺」が面白かったので、図書館に新着が入っていた、同じ著者のこの本をおさえました。
というより、「マザー」という、ホラーなタイトルに、私の勘が(笑)久々に、ビビビッと来たもので(ほんとかよ(笑))
で、読んでみて、私の勘もまんざら捨てたものではないと思ったしだいです。

高校を卒業してメジャーデビューを目指すために上京した佐川夏実は吉祥寺でストリートライブに励む日々。
そんな彼女の歌「不在証明」は、過去に付き合っていたはずの男性を歌ったもの。
が、その男性が存在していたということは、一枚の写真のほかに、断片的にしか思い出せない。
一方、吉祥寺にある私大に通う伊神雄輝は、自ら興したサークルで、世間に流布する都市伝説を拾い集めていた。
そのなかでも「イレイザーヘッド」により記憶を消された人間という都市伝説に興味を持つが、そんなとき、雄輝にメールが舞い込んでくる。
そのメールの内容は「自分の理想の人を生み出すことが出来る」ソフトをダウンロードして、実行するか否か、だった。。。

「自分の理想の人を生み出すことが出来る」ソフトがチェーンメールのように次々と携帯を通して蔓延していくアイデアがなかなか面白いです。
そしてそのソフトを使って理想の人を作った場合の落としどころなんかも、なるほどといった感じです。
結局はこのソフトは神の域ということで、「リング」のビデオテープの恐怖と似ているかも。
あっ、でも、貞子はいないし、しかも3日後に死なないけれど。。。(笑)
途中の展開が読めてしまったところは、もうちょっとわからないように工夫をして欲しかったけれど、総じてよく出来たお話でした。
ラストの着地点はこれ以上ないと思うので、欲を言うなら、ラストにいたるまでを、もうちょっとがむしゃらに突っ走って盛り上げてくれたら、これ以上いうことがない完璧さで、点数が★★★★☆になっていたんですけれど。。。
でも着想は、最近よんだ小説のなかでは素晴らしく、久しぶりにワクワクして本を読むことが出来ました。

小学館 2010年5月発行 ★★★★


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

自分自身がそのソフトで作られた人物だったら… なんて想像しちゃいますね~

No title

誰の理想の人物でしょうね。。。(笑)

No title

ビビビッと来ましたか(笑
何だか、面白そうな本ですね。何がって、吉祥寺が舞台でしょう☆
私の家の近くだから(^^;←そんな理由かい!ぽち~~ん。。。

No title

おっ、噂の吉祥寺でしたか。
なかなかストリートライブとかが盛んな街のようですね~
ちょっと住んでみたい街って感じでした。

No title

ウムッ。 おぼえておきましょうぞ。。

No title

若い人が主役の物語で、ワクワクできる・・・ってだけで読む価値がありそうです。野生(?)の勘が炸裂しましたね^^

No title

ばっどさん。ぜひともおぼえておいてください。私のほうは最近物覚えが悪くて。。。(笑)

No title

タバさん。こういった恐怖アイテムのアイデアだけでも、この小説は成功ですが、人物もまた巧みなのでいいんですよ。物覚えは悪いけど、野生の勘だけは若いもんには負けん。。。(笑)

No title

読みました。かなり面白かったです。
最後の展開は読めてきたのですが、それも計算されていたのかな?と思います。

No title

めにいさん。これはアイデアの勝利もあるかもしれませんね。もっと先の読めない工夫が必要ですが、このアイデアだけでそれも気にならないほどでした。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR