〈和菓子のアン〉坂木司

デパ地下の和菓子売り場を舞台にしたミステリー短篇集ということで、設定だけでもちょっとオイシイ話という感じです。
じつは私、アンコものは好きじゃないんですけれど、母が好きなもので、よく近くの和菓子屋に買いにいかされ、買ったついでになんとなく食べたりします(笑)
でも、食べるのは、豆大福、みたらし団子くらいですね。
上生菓子は素面では全部食べられない(汗)
どら焼きとかにいたっては、あんこが入って甘いのに、なんで皮も甘いのかと、いつも、いちゃもんをつけております(笑)
でも、この小説を読んで、ちょっとアンコものもに対して観方が変わったような気が。。。(いや。。。無理か(笑))

ちょっぴりおデブの梅本杏子は、進路を決めないまま高校を卒業した。
けれども、このままではダメだと奮起し、デパ地下の和菓子屋、「みつ屋」でバイトを始める。
仕事中に株を売買している店長の椿、和菓子職人志望で乙女の心を持つイケメン男子、立花、女子大生のバイトで、元ヤンキーの桜井と、個性ぞろいの面々に杏子は早くもここに勤めたのを後悔するのだが。。。

最初の1作目の話は、まだ新しい設定に慣れていないのか、主人公の感情が空回っているような気もした。
それも2作目以降はだんだん良くなってきたけれど、やっぱり終始キャラを創っている感じが否めない。。。
おデブだけれど愛嬌のいい主人公、客のちょっとした謎を解く店長に、オトメン、ヤンキー女子大生と、結局みんないい人みたいな、どうにも型にはまったキャラに、ねじくれた私の心は(笑)、逆にもっと刺激のあるキャラを、なんて思ってしまった。
全体的には、和菓子ミステリーはなかなかいいと思う。
上生菓子は季節ごとというか月ごとに品が変わるので、その季節の題をつけるということで、俳句にも似た趣があって、それをミステリーに仕立て上げたのは、なかなか面白いし。
なので、キャラがどうもなじめないと思うのは、ただ単に私の好き嫌いの問題かも。
あと、デパ地下事情というか、裏部分のことが描かれているのが、非常に興味深かったです。
生菓子のロスをいかに少なくするかというので、天候や週末、月末によって、店に置く数を予想して入荷したりとかは、ただ単に並べて売っているのではないんだと、思わずなるほど、と。

残った弁当を社員や関係者には100円で売るだとかは、私もデパ地下でバイトしたいな、などと思ってしまった。
いや、バイトはやはり大変だから、近所にデパ地下がほしいかな。。。(笑)

光文社 2010年4月発行 ★★★☆


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

そうですか、どら焼きのそこを藤中さんは指摘するんですね
私としては考えもしなかった、新鮮な指摘です
でもそこも甘くなくてはあまりどら焼らしくもないような気もいたします
キャラクターがありがちじゃないほうが面白味はあるでしょうけど、考えるほうは大変でしょうね

No title

どら焼きでもまだクリームが入っているやつのほうは大丈夫なのですが、あんこのどら焼きは、何か本能的なものが拒むのか、食べたことがありません(笑) キャラもどら焼きも(笑)、私にとっては好き嫌いがあるのかもしれないです。

No title

ミステリーだけじゃなくてスイーツにまでこだわりがあったんですか。

星3.5ならそう酷評でもないですね。やっぱり舞台設定にあわせていろいろ調査してるんでしょうか。
これでキャラがよく作りこんであったらかなりの出来だったと見ました。

No title

おお!ものすごく私好みの設定だわ(笑)
という訳で、読める日が楽しみです。予約170近くでした。

No title

イカダさん。こだわりというか好き嫌いだと思います(汗) 星3.5は、デパ地下の裏事情とかが詳しいことがよかったし、和菓子にまつわる含蓄もなかなか面白かったということもあります。あとはキャラをもう少し自然な感じにすればいいかも。この本のラストあたりではいい感じになってきたので、次回に期待です。

No title

めにいさん。最初キャラがちょっと創っている感じがあって、そこのところが本を多く読んでいる者にとってはマイナスですが、和菓子にまつわるエピソードみたいなものはなかなか面白いです。えっ、そんなに予約があるんですか。うちは28人待ちですよ。。。

No title

「素面では全部食べられない」って酒のつまみならいけるってことですか?
それはそれでちょっと驚きですが(笑)
デパ地下の裏部分というと賞味期限詐称とかが話題になりましたが…
その辺はシャレにならないか。

No title

あっと。さすがの私も酒のつまみには無理です(笑) まともな状態では食えないということで、本当にお腹が減って死にそうなら食えるということです(笑) デパ地下の裏部分はそのものビンゴな裏部分です。もっと安くして売り切ってしまえばいいのに。。。(笑) でも捨てるのも勿体無いので冷凍したりはいいのではないかと思いますが。。。

No title

やっと読みました。前のコメントの時は横浜の図書館でそこでは回ってこなかったんですね(笑)。
確かに人物造形がいまいちでしたが、和菓子に関しては面白く読みました。

No title

めにいさん。人物に関してはしょうがないとして(笑)、和菓子、そしてデパ地下に関してはなかなかの知識で面白かったですね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR