〈言いまつがい〉糸井重里監修

そもそも〈言いまつがい〉は、言い間違いや、やり間違い、長い間の勘違いなど、日常に起こったあらゆる間違いのことなんだそうです。
そりゃあ、〈言いまちがい〉の間違いじゃないかと思うんですが、糸井氏の娘さんが、間違いを「まつがえた」といったことに端を発して〈言いまつがい〉になったらしい。
珍本発掘の教祖である?びぎRさんが、おバカミステリー〈六枚のとんかつ〉でツボにハマった私に強く薦めてくれたので、いつもは言われた先からすっかり忘れてしまうんですが(笑)、めずらしく覚えていたので、覚えているうちにと図書館から取り寄せてみました。

本書は不特定多数の人が集まる場所では絶対に読まないでと書いてありますが、こっそり読んでもつまらないと思い、とりあえずは休みのたびに通っているブックオフのカフェ──その名もブックオフカフェ(そのまんま)で読もうと持参しました。
で、読み始めてすぐに、腹抱えて笑い過ぎて、鼻水までもが流れ落ちてきて、こりゃいかんという状態になったので、ドクターストップが入りました(笑)
いや、もう、29ページの侍言葉が、大笑いで。。。ござった(笑)
これ以上、ここで読んだら、単なるヤバイ人といった危機感をひしひしと感じとり、あとは家に帰ってこっそりと読みました(笑)

私も言いまつがいならぬ、やりまつがいはありますね。
たとえば、ヤ○ダ電機のポイントカードを、某ドラックストアのポイントカードだと思って出してしまうとか(笑)
そういえば、何年か前に、『日本海○や』という居酒屋にいったときに、玄関に入るなり店員が、「喜んでいらっしゃいませ」と、はりきっていうので、その場で固まったことがありました。
「喜んでいらっしゃいませ」とは、それはいったい何語かい??(笑)
「喜んで」はいらないだろーが、と(笑)
しかしそれでも店員、全員が笑顔で、「喜んでいらっしゃいませ」を連呼し、私を席に案内したので、案内されながら悶絶。。。もう死にそうでした(笑)
それはそういったマニュアルか、単なる受け狙いか?
でも、これは確信的言いまつがいでしょうね(笑)
いまだに「喜んでいらっしゃいませ」と客にいっているのかは、あれ以来、おっかなくて、『日本○庄や』には行っていないのでわからないんですが。。。(笑)
『日本○庄や』の店員も(笑)、この本も、真面目にいってるから、やたらとオカシイんでしょうね。
ということで、この本は、公共の場では、危険ですから、まつがっても読まないようにしましょう(笑)

新潮文庫 2004年4月発行 ★★★☆


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは。私はほぼ日手帳の愛用者でもあるので、糸井氏のサイトもたまに覗いて見るのですが、この“言いまつがい”のコーナーは大好きです。思わず噴出してしまうようなものも多く、1人で夜中にラップトップに向かって大笑いする不気味な人物になってしまいます。公共の場じゃないからいいか。。。(苦笑)

No title

藤中さんも、びぎRさん同様、怪しい人になってしまったんですね。
私はどうだろう?図書館ですぐにも借りられそうですよ。
この本を公共の場で読む条件をつけたほうが面白いかも。

No title

ブックオフでカフェ。いいですねえ。本屋さんの奥に時々コーヒー飲めるところあるみたいですが、買ってすぐ読みたい気分にはいいかも。
そういえば昔、本屋さんの隣の喫茶店で読書&カフェタイムしてたこともありました。


ドクターストップがかかるほど笑えるとは凄い。(笑う門には福。などといいますが、毎日笑ってたら癌も治るんだそうですよ)

ちなみに勘違い間違いの原因として『並存し競合する複数の心象が混同する』なのだとか。

No title

さにーさん。ほぼ日手帳って、サイトを調べたら、なるほど。糸井重里監修の手帳があったとは知りませんでした。なかなかよさそうです。言いまつがいもネット投稿なんてあったんですね。ちらりと読んでみたけど、日々、言いまつがいも進化し、パワーアップしているみたいですね~(笑)

No title

めにいさん。カフェにあまり人がいなかったから、店の人から、怪しまれたかもしれません(笑) でも公共の場でない、家に帰って読んで笑っていたら、今度は母から怪しまれ、「なに読んでんのよ」と突っ込みが入りました(笑)

No title

イカダさん。ブックオフで本を買うと、カフェでの飲み物が100円引きとレシートに書かれていて、それを持っていくと割り引いてくれます。5時以降に行くと、おにぎり、カニ飯弁当とかが半額になってますね(笑) 笑いは病気知らずですか。この本は病気予防にいいかも。。。

No title

はい、私が珍本発掘教の教祖です(笑) そんなには実績ないですが…
侍言葉は私もツボでした。今思い出しても笑いだしそうになりますよ。
ドクターストップでしたか?もっと頑張ってほしかった(笑)

No title

侍言葉はかなり効きました。ここらあたりがいちばんの山で、まともに物も食えなかったです(笑) カフェでなく、スーパーの待合所にすればもっと粘れたかも。。。またこの手の本があったら、ご紹介お願いします、教祖(笑)

No title

この記事を読んでいたら昔、筒井康隆著「俗物図鑑」を電車で読んでいて、笑いまくってしまい遂には、やはり、読むのを断念した苦い記憶が蘇えりました^^

No title

ほほう。「俗物図鑑」もその手の本でしたか。それよさそうです。。。(笑) いま図書館検索したらあったので読みたいリストに載せておきます。でも長篇って書いてあるけど。。。もしや小説?? 小説で電車で読めないとは、それはすごい(笑)

No title

こんにちは!
今日は携帯の修理に行ってすぐに直りました!
欠かせないものが使えなくなると大変です

応援ぽち!!

No title

携帯、私もちょっと危ないんですよ。すぐ充電がなくなるので。。。新しいのに換えないとと思っているんですが、つい面倒で。。。

No title

私は、子供のまつがいが面白かったですね。
電車の中で笑ってしまいました(^^ゞ
変換間違いは、もっとすごいのをやらかしたぞ!なんて、得意になったりします(笑)

No title

電車で思いっきり怪しまれませんでしたか?(笑) 私は変換というか、字そのものを間違っていたことがありました(笑) ベッドをベット。敵を適なんですけれど。。。(汗)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR