〈シュガーな俺〉平山瑞穂

「タイトル」はちょっと青春小説っぽいけれど、これがなぜか世界初の闘病エンターテインメント小説なんだそうです。
33歳で、しかも痩せ型だった著者が「糖尿病」と宣告されたのには、本人もびっくりだったでしょうが、読んでいるほうもびっくりでした。
しかも日本ファンタジー小説大賞を受賞してデビューする前の出来事というから、ほんとオドロキ。
でも痩せの大食いにつけ、お酒も浴びるほど飲んでいたらしいので、これもしょうがないかなとか思ってしまいました。

33歳の片瀬喬一は、激やせ、異常なほどの喉の渇きと倦怠感にさいなまれて、のばしのばしにしていた病院に行くことを決意。
けれどもそこで宣告された病名は予期もしていなかった「糖尿病」
痩せ型の体型で、家族や親戚にも糖尿病になった人がいないにもかかわらず、だった。
カロリー制限、インスリン注射と、その日から、喬一の孤独な戦いが始まる。

ちゃんと、真面目にカロリー制限の食事をするのはいいんですけれど、そのストレスのからか、せっかく治りかけていたのに、また再びアルコールを最終電車まで飲んでしまっていては、治るのも治らなく、悪くなってしまうのもしょうがないという感じです。
私も痩せの大食いのほうだから、4か月に1回は食べ放題なんてやりますが(笑)、なにごともほどほどにがいいようです。
私の場合、お酒は飲まないので、大丈夫かなと思っていますが。。。
糖尿病にならない食生活で参考になったのは、食事は腹8分目に、お酒もほどほどに、そして野菜を多く摂るということでしょうか。
最近、私は食べ放題でも、野菜を多く摂るようにしていますが、これって防衛本能だったのかも。。。(いや、ただ単に野菜が高かったからですが(笑))

新潮文庫 2009年10月発行 ★★★


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

痩せていても、糖尿病ってなるんですね。体質なのでしょうけど、なぜって思っちゃいますよね

No title

やはり暴飲暴食が原因でしょう。いっぱい食べても太らないのはヤバイ体質ですね~(笑)

No title

糖尿病は、万病の元らしいので本当に怖いですよ。
心筋梗塞も糖尿病が悪化させるらしいです。
シュガーってそういう意味だったのね。今わかったわ(笑)
それにしても、適度な食事、お酒も程ほど、野菜を多く。。。これって健康的な食生活の基本ですよね。

No title

なんかそうみたいですね。カロリーを制限しないと数値が悪くなって。。。という感じです。といって、カロリーなくともヤバイみたいですから、ほんと、自己管理が必要みたいで、これになったら、大変だと思いました。これから野菜の食べ放題をすることにします(笑)

No title

今のところ何もないけど、とにかく運動量の確保には気を使おう。

少しぐらい体重増えても健康上は問題ないけど、お気にの服が着れなくなるのはまずい。

とは言え自分の病気をエンターテイメントに変えるのはすごいです。

No title

暴飲暴食をしなければ、そう簡単に糖尿病にはならないとは思いますが、たまにそうしないでもなる人はいるようです。でもそういう人は、子供のうちにわかるようですが。最近、甘夏を食べているので、いくら食べても太らないです。どうもクエン酸がいいみたいですね。すぐにトイレ(小(笑))に行きたくなりますから。自分の病気を小説に、はある意味哀しいことかも。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR