〈鉄塔 武蔵野線〉銀林みのる

武蔵野線といっても、電車ではなくて鉄塔の線です。
最初このタイトルを見たとき、勝手にテツの話だと思っていたのですが(笑)、どうも鉄塔の話のようで。。。
が、しかし。
武蔵野線の1~80までの鉄塔の写真付きの話ということで、とてつもなくマニアックな匂いを感じ取り(笑)、妙な興味を持ちました。

5年生の見晴は、あと少しで転校してこの地を離れることになる。
荷物の整理をしたりしている夏休みに、ふと近所に建っていた鉄塔に魅せられてしまう。
その鉄塔は『武蔵野線75-1』と書いてあり、辿っていくと『80』で終わっていた。
反対側をたどっていけば、『1』があり、そして秘密の原子力発電所に行きあたるはずだ。
見晴は2歳年下の友達アキラを誘い、武蔵野線をたどる旅に出る。。。

少年たちが鉄塔を辿って旅に出るということで、キングの〈スタンド・バイ・ミー〉のような感じのノリだけれど、鉄塔の描写がやけに濃くて、最初の10の鉄塔まではなかなか面白かったのだけれど、これが75から遡って1までの鉄塔の描写となると、ちょっと鉄塔に興味のない私には途中からう~んといった感じになってしまった(笑)
鉄塔だけではなくて、もうちょっと何かしらのサイドストーリーを入れてくれると、鉄塔に興味のない人でも楽しめたかもしれないです。
ラストもとってつけたような大人がしゃしゃり出てきてといった感じで、どうもといった感じでした。
どうせなら、少年だけで、達成してほしかったような気もする。
著者はこの作品で第6回ファンタジーノベル大賞を獲ったらしいです。
同時受賞はあの、池上永一氏の〈バガージマヌパナス〉ということで、この年のこの賞にしてはかなりの収穫だったとのこと。
でも、銀林氏はこれ1作かぎりで他に書いてませんけれど。。。
1つのことにあまりにもマニアックだと(笑)、他のことはもう書けないのかもしれません。
http://a248.e.akamai.net/f/248/37952/1h/image.shopping.yahoo.co.jp/i/j/7andy_31953888
ソフトバンク文庫 2007年9月発行
★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

今作品は映画にもなりましたが観てません。。。

No title

私は映画で見ました。いい映画でしたよ。主役は子供時代の伊藤淳史。さすがに鉄塔の詳しい説明はなかったですよ(笑)

No title

鉄塔の塔体番号って、ヘリコプターから見るように一番上に付いてるんですよね。これが意外に小さな表示板で、こんなので見えるの?と言うくらいのサイズ。
○○電力××発電所△△幹線◇◇線なんて名称だったり。
完成品は工場で試しに組み立てて不具合がないか調べたり(主脚は物凄くでっかいし、上部補強材は小さい代わりに形が複雑だったり。。。。。

(でも原子力発電所に繋がってる鉄塔は大型で、かなり険しい地形の天辺あたりに建ってるはずなんだけどなあ)

No title

スタンドバイミーっていうところが興味をそそります

No title

鉄塔に興味のある人ってあんまりいないような気もしますがあれはあれで嵌れば面白いかもしれませんね~(笑) 鉄道ブームの次は鉄塔が来るか?(笑)

No title

ばっどさん。かなり前に映画化になってたんですね。私も観ていないというか、タイトルすらもぜんぜん知りませんでした(汗)

No title

めにいさん。伊藤淳史。。。電車男ですよね。この方、子役からいたんでしたか。鉄塔は男型と女型があるようなんですが、私には最後までどちらか区別がつかなかったです(笑)

No title

イカダさんも、もしかしてみたことがあったりして。。。というか、その手のマニア?(笑) そうそう、その表示板の1~80までが、巻末にずらりと写真で載っているので、妙にマニアックな空間を味わえます(笑) ちなみに武蔵野線は原子力発電所には繋がってなかったみたいです。

No title

えこットさん。スタンド・バイ・ミー的展開って、ちょっと展開としてはいいですよね。これでマニアっぽくならなければよかったのですが。

No title

びぎRさん。マニアは何でも愛に変わるから凄まじいものがあります(笑) 鉄道に比べて鉄塔はかなり地味なんで、マニアも限定的かもしれません(笑)

No title

ファンタジーノベルって、へんてこりんなものほど良いそうです。で今後活躍するのはしにくい。例外は「夜市」の恒川君ぐらいかも。。
僕だったら鉄塔が歩き回り四角いリングを作って奈良と鎌倉の大仏のレスリングをさせるけど。。そうなるともっとへんてこりんになるね。

No title

前例がない話のほうがいいのは、どこでも分野も同じですね。あんまり突飛もない話だとそれもそれで敬遠されそうですが。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR