雑記《2月16日~3月8日》

最近、夕方になると、「夕焼け小焼け」のメロディが街中に流れます。
最初、聴いたときは、なんじゃこりゃと思いつつも、どこかで何かの催し物をやっているからかもと思ったのですが、1ヶ月近くが過ぎても、いまだに夕方になると巷に「夕焼け小焼け」のメロディが流れつづけています。
これって何かの流行りなんでしょうか?(笑)
それとも私の住む地域だけなんでしょうか?
あれが鳴るたびに、なんか、戦前とかそういった時代になった感じに陥って、どうも妙な気分です(笑)
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】2008年米/監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピットほか
老人として生まれ、人とは逆行して若くなるベンジャミンの人生を描く。小説で読んだときは、いきなり老人として生まれていて、いったいどうやって生まれたかという詳しい記述がなかったので、映画ではどう描くのかが楽しみでした。でも本当に老人が産まれるのは無理っぽいので、土からいきなり手が出るとか(笑)、そういったホラーな生まれ方(笑)をするのかと思いきや、ああ、なるほど、そういった感じで生まれましたか。妙に納得のいく老人の生まれ方で、さすがに考えたものだと思いました(笑)
【その土曜日、7時58分】2007年米/監督:シドニー・ルメット 出演:フィリップ・シーモアほか
お金が必要になった兄弟が、自分たちの両親が営む宝石店に強盗に入ることを計画する。ひとりで店番をしているはずの歳のいった店員を脅して、無難に宝石をいただこうとする計画だったが、その日は、母親が店番をしていたことから悲劇が起きる。最後の、わが子への父親の復讐が怖い。。。で、弟はどうなった!?(笑)
【奇術師フーディーニ~妖しき幻想~】2007年英・伊/監督:ジリアン・アームストロング 出演:キャサリン・セタ=ジョーンズほか
脱出王の異名をとった実在の伝説的マジシャン、フーディーニが、まだ未開封の母親の遺言を当てた者に高額の賞金を懸けた。いかさまのショーで、霊能者と名乗る母娘が賞金目当てに挑むのだが。。。 いまいちよくわからなかったんですが、結局、娘は霊能者だったってことでしょうか? 有名どころは、いろいろと敵も多い。。。
【つみきのいえ】2008年ROBOT/監督:加藤久仁生
2008年のアカデミー賞短編アニメ賞を受賞。一面が海になり、その海面が年々上昇してくるので、積み木のように家を重ねて住む老人。あるとき、パイプを下に落としてしまったことから、潜水服を着て潜るうちに、いまは水没した家で過ごしたときのことを思い出す。たった12分の映画ですが、味わい深い出来。さすがはアカデミー賞を獲っただけはある。絵本だと、えっ、これだけ?みたいなものがあったんですが、アニメだとそれがない。
【孤島パズル】鈴木有布子/有栖川有栖
最近、小説が原作の漫画が流行っていますが、これも有栖川有栖原作の学生アリスシリーズの漫画化。原作はかなり前に読んだので、ほとんど忘れてしまっていたんですが、読んでいくうちになんとなく(笑)思い出しました。探偵役の先輩、江神二郎が妙にかっこいいのがツボかも。昔、WOWOWで【双頭の悪魔】がドラマ化したときは、香川照之だったもので。。。(笑)

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

ベンジャミンバトン読んでみたいです

No title

「ベンジャミン・バトン」良かったですよね。最後子供の姿なのに痴呆で精神は子供に戻る。。。不思議なお話だけど普通のヒューマンドラマだったのが良かった。「その土曜日~」は予告だけ見ました。あれ?誰が弟役でしたっけ?ベン・アフレック??

No title

【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】は最後、急ぎすぎた感があったけれど、それなりに楽しめた。【その土曜日、7時58分】は、とらえ方によっては、後々尾を引きそうな作品でした。
抜いてでぇ~ 38本やでぇ~

No title

私が育った地域では夕方に音楽が流れるのは普通のことでしたよ。
今住んでる所でも冬場は4時半、夏場は5時とかに流れてます。
曲は「遠き山に日は落ちて」とかもあります。

No title

フーディーニ。タネもしかけもなかったから、結局最後はおばかなファンのデタラメな行動で命を落とした。
早すぎる死が伝説を創ったとは言え、ショーを娯楽と割り切れないその誰かみたいな人が、どこに居てもおかしくない。考えてみれば怖い。

No title

めにいさん。カラスと一緒に帰りましょうって感じでしょうか(笑) 2月から鳴り始めたのでビックリしました。子供のころはそんな音楽なんてかかってなかったもので。。。ベンジャミンバトンは原作のほうがビックリですよね(笑) なので映画のほうのワザは違和感なく見事でした。「その土曜日~」時間を戻したりと工夫して観せていたけれど、あんまり意味なかったような気もします(笑)

No title

タヌキさん。ベンジャミンバトンは、老人として生まれるんですが、映画だとかなりしっくりとした生まれ方でした。小説だといきなり老人がベッドに横たわって、父親が無理やり自分を納得させて受け入れるという展開なんですが。。。(笑)

No title

えこットさん。ベンジャミンバトンは小説よりも映画のほうが親切ですので(笑)、どちらかというと映画のほうをお薦めします。。。

No title

はなみさん。弟役はイーサン・ホークだったみたいです。内容は家族内悲劇といった感じだったので、ちょっとお先真っ暗みたいな感じでしたね(笑) ベンジャミン・バトンの逆行人生なかなか考えたものでした。アイデアの勝利もあるかも。とくに生まれたときの老人から、普通の老人?(笑)へと移行するのに、違和感がないのが凄かったです。

No title

ばっどさん。おっ、いきなり、すっ飛ばしていますね~ いつの間にそんなに観まくっていたんでしたか(笑) でも、いままで観られなかった分を取り戻してください。私も負けないように頑張ります。「ベンジャミン・バトン」はやはりアイデアがいいし、そのアイデアを奇抜ではなく、さらっと描いたのもよかったですね。「その土曜日~」は、今度は弟をという展開でしょうか。どっちにしろ救いがないかも(笑)

No title

びぎRさん。音楽鳴るのが、普通なんでしたか。私の地域ではいままで一度も鳴ったことがなかったので──もちろん子供のころも──今年の2月からいきなり鳴りだしたのでびっくりしました。一時期、元ドリームランドの傍にも住んだことがありますが、そこも鳴らなかったような。。。今になって、隣の地域の真似をしたのかもしれません(笑)

No title

イカダさん。フーディーニ、脱出王の異名をとったのは、脱出の腕かせを解くのを、一生懸命、家で練習していたからなんですね~(笑) しかも激しくマザコンだし。。。(笑) ジョン・レノンといい、思い込みの激しいファンというのは怖いです。でもこれも有名人の宿命なのかもしれないですが、殺されるというのはいくらなんでも理不尽ですよね。

No title

あっ、そうだ。イーサン・ホーク、久しぶりに見たな~って気がしたんだった。。。(笑)

No title

そういえば、ここ2年ほど映画に出てないようですね。病気でしょうか。。。

No title

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は観ました。デヴィッド・フィンチャーがこの手の映画を撮ったことに驚きましたが、ブラッド・ピットの演技の幅も広がって、なかなかの傑作となりましたね。

「その土曜日、7時58分」は近々見る予定です。

No title

夕焼け小焼けで日が暮れて~。。
藤沢に住んでいた時、日曜日の午後5時になると部屋の外からスピーカーのこのメロディが流れていました。他の曜日も流れているはずだけどね。今いる大阪実家の近所にある小学校あたりからも5時になると聞こえますよ。この歌は怖い話があるの知っていますか?(笑)お手手つないで早く帰らないと、何かが背後からくるよ。。怖いよ~?
藤中さんも次回生まれ変わった時は、是非老人からのほうがいいかも。だんだん若くなるっていいじゃあん。

No title

kennyaskrさん。ビラピは「バーン・アフターン・リーディング」のおバカな若者といい、最近、役がらの範囲が広くなりましたよね。「その土曜日、7時58分」は、時間を遡って魅せる手法で描いているんだけれど、何かが足りない感じでした。たぶんそれは意外性かも。。。

No title

novel1dayさん。藤沢は流れてましたか。うちのほうはいままで流れたことがなかったので、たぶん、藤沢を真似したのだと思います(笑) いまごろになって何の前触れもなく流れたので、いったい何?とびっくりしました。老人から若くなるのもいいけれど、どっちにしろ死ぬときは大変です(笑)

No title

地元の小学校や中学校では下校時刻に音楽が流れます。曲名は覚えてません。そう言えば、清掃時にも流れてましたね。
【孤島パズル】鈴木有布子/有栖川有栖
確かに小説の漫画化は多いですよね。今のところは有栖川有栖さん原作の漫画しか読んでませんが。
私は原作を読んですぐ漫画を読みました。そうなんですよね。江神さんがカッコいいんですよ。第3巻(最終巻)の表紙と第2巻でボートのオールを探しに行った際、マリアの妙な提案に江神さんが爆笑するシーンがお気に入りです。
〈双頭の悪魔〉がドラマ化されてるのは知ってます。観た事はないんでパッケージだけ見てきました。うーん。イメージとは違うかなって感じです。【汐桜】

No title

やっぱり流れているところってあるんですね~ うちのほうでは街中で流れるものだから、ちょっと不思議です。人から聞いた話だと、どうも市長の趣味だということのようです(笑)
「双頭の悪魔」は当時のドラマではけっこう出来のいい方でした。私は原作を読んだのにもかかわらず犯人がわからず(笑)思わず犯人って誰?と、のめり込んでしまうほどでした。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR