〈SOSの猿〉伊坂幸太郎

漫画家の五十嵐大介とのコラボで「猿」「孫悟空」「エクソシスト」をキーワードにして書かれ、読売新聞の夕刊という枠で連載された作品。
なにもかもが目新しい感じの企画?小説で、ちょっとキーワードのムリヤリ感があるけれど(なにせ、孫悟空とエクソシストだし。。。(笑))、こういった試みはなんとなく面白いので、そこのところの意欲は買いたいです。

辺見のお姉さんに、ひきこもりの息子、眞人のことで相談を受けた、家電量販店員の遠藤二郎は、じつは悪魔払いを副業としている。
なので、ひきこもりの相談は見当違いなのだが、SOSを発している人に対しては、二郎は見て見ぬふりはできない性格。
一方、株の誤発注の調査に乗り出た五十嵐真は、誤発注をした菩薩証券の社員の田中徹に会いに行くのだが。。。

一読してちょっと実験小説っぽいノリです。
物語の途中でなにげに「猿」「孫悟空」「エクソシスト」がでてくるので、これって、村上春樹的世界か~とか最初は戸惑いましたが、じつはこの世界はすべて。。。という落としどころには妙に納得してしまった。
しかも、あの有名な、ケーブルテレビ業界最大手のジェイコム株の誤発注を題材にして書いているので、日常、株を売買している私にとっては、なかなか楽しめました。
「61万円で1株」売るのが誤って「61万株を1円」で売るにしたのだけれど、本当に1円で売ったわけではなかったんだ、とか。
値幅制限とかあるので、たぶんそうなのだろうと思っていましたが、報道だと、さも1円で売ったかのように書かれていたので。。。
この小説を読んで、もしかしたら、みずほ証券の社員の誤発注も、隣家の**が引き金だったんじゃないかとか思わせますね(ま、それはないでしょうが。。。(笑))
ただ、新聞連載だったからか、なんとなく中途半端な終わり方をしているところが、消化不良のような気もしました。
この話自体がなにかしら、五十嵐大介のコラボ漫画「SARU」と繋がっているのでしょうか?
といっても、わざわざ漫画を読むほどのことでもない感じもするけれど。。。(笑)


中央公論社 2009年11月発行
★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

漫画「SARU」はもう買って読んじゃって、全然面白くないって評判通りでしたよ^^;
何か話が細切れでいろんなところ飛んで、絵も妙に劇がタッチと言うか何と言うか、まぁ、読むほどでもないってのが正解ですねw

No title

企画モノの小説って、締め切りもあるから、作家の自信作という訳には行かないんでしょうね。

No title

エクソシストが孫悟空を払うネタですか?どっちが勝つんだろう。
などと全然関係ない想像をしてしまいました。

マトリックスみたいな虚世界????

No title

悪魔払いと株売買ってのもどうつながるのか想像しがたいですね。
そこが「悟空とエクソシスト」に絡んでくるのかな?

No title

気まぐれさん。「SARU」が出版される前に、五十嵐大介の他の漫画を読んでみましたが、3ページ目で読む気がなくなりました(笑) 絵は上手いと思うんですが、何かが面白くない。。。(笑) それがあったのもので、これもそうかなと思っていたのですが、当たりでしたか(笑)

No title

めにいさん。企画ものって、そうですね。たぶん、漫画と小説のコラボを企画することに無理があるのかも。同じ企画ものでも、「蝦蟇倉市事件」みたいなものは、そこそこ評判がいいようですが。。。

No title

イカダさん。エクソシストというか悪魔払いは主人公?の副業となっています。孫悟空はまたそれとは関係ないんですが、悪を退治みたいな感じで何気に出てきます。とにかく不思議な感じの小説です。

No title

びぎRさん。私も読むまえに、他ブログの記事で読んでいったいどうなるんだろうと思っていたのですが、読んでみるとけっこうしっくりいっていたので、それも不思議でした(笑) 悟空とエクソシストは直接は関わってはこないので、それが微妙に腑に落ちる展開なんです。

No title

そういえば、ブログでもお題小説とかありましたね。
別に目新しいところはないと思うけど。
しかしブログでやるようなお題は割りと普通ですね。
僕がお題出したら、伊坂こーtろーもできないはずだよ。
例えば、うーん。
「三葉虫」「芥川寸志」「火星人」とか「さなだむし」「ぷりきゅあ」「おかめなっとう」とか、僕も書く気が起こらなくなるこのお題。。

No title

そういった企画ものを新聞連載するのは珍しいかな、と思いました。お題小説って、テーマが決まっている分、やりやすいのもあるけれど、あまり変な題材だと却ってやりにくいものもありますよね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR