雑記《2月9日~2月15日》

オリンピックがはじまりました。
開会式のセレモニーなんかは、雪がチラついていてテレビで観ているだけで寒そうですが、一昔前に比べると、いろいろな映像技術が向上したらしく、きらびやかでしたね~
その分、お金がかかるのかもしれないけれど(笑)
会場の地面を、シャチが泳いでいるシーンって、どうやってやっているのかが、最後まで私には不思議でした。
そういえば、最近、近所に宇崎竜童、阿木耀子夫妻が住んでいることが判明。。。
横浜、横須賀あたりに住んでいるものかと思っていたのでびっくり(笑)
【地球が静止する日】2008年米/監督:スコット・デリクソン 出演:キアヌ・リーヴス、ジェニファーコネリー
古典的名作を現代風にリメイク。謎の球体と共に宇宙人が飛来し、地球最後の日までのカウントダウンが始まる。。止められるのなら、最初からやらなきゃいいのに(笑) 結局、人騒がせな宇宙人、キアヌ・リーヴスというかんじ。。。(笑)
【アルマゲドン2009】2009年米/監督:ポール・ジラー 出演:ジャック・コールマン、ロジャー・クロスほか
電磁波を伴った巨大彗星の欠片がアラスカに落ちて、地球の自転軸が変わっために起きる、人類存亡の危機。。。無くなりつつある地球の磁場をとめるために、潜水艦で。。。という展開だけど、けっこう簡単に危機が乗り越えられてしまうので、なんかな~というかんじ。。。
【イエティ】2008年/監督:ポール・ジラー 出演:カーリー・ポープ、マーク・メナードほか
ヒマラヤ山中に生息するという伝説の雪男イエティを題材にしたホラー。日本に行く途上のヒマラヤ上空で、旅客機が墜落し、生存者にイエティが襲いかかる。。。なかなかそそられる題材だけれど、肝心のイエティがあまりにも茶番で笑える(笑) いまどきよくこんな映画を撮ったなという感じ。。。早くも今年のワースト1位を獲ってしまいそうな勢いです(笑)
【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】2004年米/監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:D・ラドクリフほか
最終巻はまだ読んでいないけれど、原作のシリーズ中でいちばん好きな作品で、たぶんいちばん筋を覚えている作品(笑) そういった気合いを入れて観たので、なるほど、ここはこういった感じになってと、思いだしながら、いろいろと比較して観たので、なかなか愉しめた。時間を遡ってシリウスを助けたついでに、ペティークリューを捕まえてしまえばよかったんじゃないかとか、いまさらながらそんなことを思ってしまったけれど、そうすればシリウスを助けるために時間を遡らなくていいので、やっぱりこういったところはローリングさんも良く考えている。。。
【ニュートン2010年2月号】
特集『空間、素粒子、宇宙の成り立ち「無の物理学」』
「無」とは何かという、なにやら哲学めいた感じですけれど、何もない「無の空間」では、外部からエネルギーを加えなくても、ほんの一瞬であればエネルギーが存在するみたいです。そしてこのエネルギーを使って「無の空間」から素粒子が生み出されているらしい。いわゆる「不確定原理」によってということらしいけれど、何もないところからは何も生まれない感じもするので、「無の空間」といえども、まるっきりの「無」じゃない感じもする。
『ペンギンは摩訶不思議』
空を飛ぶことよりも、陸上を歩いたり、海を泳ぐことを選択した鳥。頭を振るのは、鼻水を飛ばすためだったというショッキングな事実(笑) 種類は17種で、約30日絶食したりと、かなりのツワモノかも(笑)
『氷の上は、なぜ滑りやすいのか?』
スケートの刃に圧力がかかり、氷がとけ、氷の上に薄い膜ができて滑りやすくなる。オリンピックのときの長野の「エムウェーブ」は、タケノコ状の氷「氷筍」という単結晶を敷きつめていたので摩擦が少なかったらしい。ただ単に氷を敷きつめていたと思っていたので、なるほどという感じ。いまは金がかかるので普通の氷だそうです。
『スーパーコンピューターとは何か?』
民主党の仕分け作業で、2番でいいとされているスーパーコンピューター(笑) 建築物の耐震試験や、気象予測、無数の星から銀河がどのようにしてできるかなど、最先端の科学から身の回りの物の設計まで幅広く活躍する。年々、高速化していくスーパーコンピューターだけど、いつまで経っても、アメリカが1番で日本が2番ってかんじ。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは。オリンピック、始まりましたね!もともとスポーツ観戦は好きな方で、オリンピックも毎回盛り上がって見ているので、今回もとても興奮してTVにかじりついています。(笑)
私もあのシャチには感動でした。あと、最初のスノボの映像から実際にスノボ選手がジャンプして登場した時も、「おー!かっこいー!」と思いました。
昨日は上村選手のモーグルに思わず感動の涙。もぅここ数年涙腺がゆるいのか、すぐ感化されて泣いてばかりです。(苦笑)
2週間、選手と一緒に楽しみたいと思っています。

No title

地球が静止する日は、キアヌの平板な顔が宇宙人っぽくて、気にいってます(笑)
私のほうからもトラバできないんですよ~どうしたんでしょうねえ。
ペンギンの絶食、必ずするものなんですか?確か卵を抱いている時は食べないんでしたよね?

No title

「地球~」はあまり評判良くないよね。。。ニュートン2月号、おもしろそうだな~。「無の空間」、興味ある。

No title

なるほど南極にはティッシュを配る人は居ませんからね。凍て付く氷の大地には鼻水も含まれていたんですね。

No title

「地球が停止する日」はオリジナル版を観るべきです。このリメイク版は大失敗です。
「アルマゲドン2009」と「イエティ」、監督が同じですけど、偶然? それともあえてこの監督作を選んだとか?(笑)

No title

「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」ですか?(笑) この歌(?)阿木耀子作詞だそうです。
ペンギンって陸上だと可愛いですが、水中だと「獰猛な捕食者」でギャップがありますね。

No title

さにーさん。上村愛子選手、惜しかったですね。あともうひとりコケていれば。。。(おっと(笑)) でも1つずつ確実に順位が上がっているので、次あたりでメダルに手が届きそうな感じです。そういえば四年前のオリンピックは結局、荒川静香選手が金メダルを獲ったっきりだったんですよね。今年はせめて、金銀銅と3個くらいは獲ってほしいものです。

No title

めにいさん。キアヌってどの作品でもわりあい平板な顔ですよね~(笑) トラバ、ほんと、どうなっているんでしょう?? ペンギンの絶食は、過酷な環境下にいるエンペラーペンギンの雌が卵を産んで、雄が温めている間に、雌が餌を獲りに行くので、雄は絶食してじっと耐えているみたいです(笑) あと「換羽(かんう)」といって羽が生えかわるときに絶食する期間があるようです。ペンギンの羽って生えかわるのに数週間から1ヶ月くらいかかるので、その間は海に潜れないので(羽がないので、水を弾く機能が失われている)餌が獲れず、絶食するようです。でも、その前に、かなり食いだめをするようですよ(笑)

No title

はなみさん。「地球が~」は昔の映画も観ています。 「無の空間」は理論的にはありえねーだそうです。それなのに「無の空間」って、なかなか面白いですよね。

No title

イカダさん。ペンギンが首を振る映像を観るたびに思い出してしまいそうです(笑) ペンギンがいる近くの氷は、食糧事情が淋しくなっても、溶かして飲まないほうが賢明です(笑)

No title

kennyaskrさん。昔のも観ています。たぶん20代の頃だけど(笑) 「傑作、面白い、普通、つまらない」の4評価で、普通マークがついていました(笑) 昔の映画はかなり名作みたいですけれど、私にかかると普通になってしまったようです(笑) WOWOWなので、たぶん「アルマゲドン」が放映されるから、その監督の作品を放映したんでしょう。しかしわざわざ「イエティ」を放映しなくても、って感じでした。

No title

びぎRさん。ほとんどこのコンビが、山口百恵などの曲をつくっていたようですね。宇崎さん、このあいだ鎌○市の土地開発反対コンサートやっていたみたいなので、この関係で最近越してきたようです。餌を獲って生きていくためにも可愛い?ペンギンも獰猛にならざるを得ないようですね。

No title

で、今年通算何本観た?

No title

19本です。今のうちにとばかりに観まくっています(笑)

No title

アルマゲドンはやっぱり地球がどうなるのか観て見たい作品です

No title

ハリウッド映画だから、地球が滅亡する方向にはいかないようです。そういったところがちょっとお手軽っぽいかも。

No title

オリンピック。
いまは銀1個銅2個なんかな。。
織田君泣いていましたね。靴紐が切れたらしくて。。(笑
金どっかで誰かがとってほしい。
昔の長野はバンバン金あったのに、最近の日本は。。ともかくオリンピックだけナショナリズムに浸ってしまう。
映画みてません。。
ペンギンが頭振るのは鼻水飛ばすためだったとは。。しらなかった。ほんま?
これはおもろい!何かにつかえるぞ。

No title

靴ひも切れていたのを取り変えないでいたらしいですよ。自業自得のような気もしますね。今回のオリンピックは本当は女子のフィギュアくらいしかメダルを取れないと思っていたようですから、まあまあの出来なのではないでしょうか。ペンギンのことは、科学雑誌ニュートンに載っていたので本当でしょう。

No title

オリンピックの様子は新聞で読んでます。映像で見る事が出来ないのが残念です。
【ニュートン2010年2月号】
『ペンギンは摩訶不思議』
ある日の新聞にある水族館のイベントとして、ペンギンの散歩の様子が載ってました。昨年は鳥インフルエンザの為、中止されていたそうです。その記事を読んで、「そう言えば、ペンギンって鳥だったよな」と思いました。
『頭を振るのは、鼻水を飛ばすためだった』というのは、確かにショッキングな事実ですね。約30日絶食出来るのは驚きです。可愛い容姿に似合わず、ですね。【汐桜】

No title

そうそう、今度から頭を振る動作をみて、きゃー、可愛い~!なんて言えなくなります(笑) そういえばペンギンって飛べない鳥でしたね。あの図体だから鳥だということをちょっと忘れてしまいますね(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR