〈風車祭(カジマヤー)〉池上永一

女性が男性に変装して、琉球王宮で出世街道を驀進するという〈テンペスト〉が、なかなか面白かったので、手を出してみました。
著者は沖縄生まれの石垣島育ちということで、言葉から風習までのすみからすみまでが、沖縄愛で占められているといった感じでした。

カジマヤーは沖縄の数え97歳の長寿を祝う祭り。
あと1年でその日を迎えるオバァ、フジはこの日のために生きてきたといっても過言でない。
とにかくその日を無事に迎えようと必死の形相だ。
が、そのフジと、80歳のトミ、62歳のハツと、親子の老人3人が住む家は、さながら理想の老人施設とまで言われる始末。
あるとき、トミの知り合いで、仲のいい16歳の少年、武志が、島に226年間もさまよっている少女の霊に遭遇し、そのショックで魂(マブイ)を落としてしまうことから騒動が始まる。

婚礼の途中で、間違って嫁ぎ先の家とは違う方角に行ってしまい、石になって226年間もさまよう羽目になった少女に武志は恋をして、その少女と共にしていた6本足の妖怪豚のギーギーが横恋慕をするといった一見トンデモナイ話ですが、6本足の妖怪豚ギーギーの武志に対する恋のさや当てには、思わず爆笑してしまいました。
6本足のうちの2本は上の乳房が進化したものだとか、とにかくやたらオカシイ。。。
筋だけみると、226年間成仏できない少女の霊の話だから、もっとオドロオドロのはずなんですけれど、沖縄が舞台というだけでこんなにも明るくなってしまう。
もちろん、武志と少女とギーギーに、3人のオバァが絡んでくると、もうハチャメチャなノリになってしまうんですが。
マブイを落とすとか、沖縄地方でないと、どうにもピンとこないけれど、こういったのもアリかな~と思えてきてしまう。
でも、著者はほんとうにマブイを落としたことがあるんだとか。
これはもう日本人ではぜったいにわからない、沖縄人の神秘といったところでしょうか。
うむむ。。。
http://a248.e.akamai.net/f/248/37952/1h/image.shopping.yahoo.co.jp/i/j/7andy_30857620
文春文庫 2001年8月発行
★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

沖縄はもう本州の私達と違いすぎる文化、元々国が違うのですから観る世界も違うのでしょうね

No title

少女の名前からして、ピシャーマという昔の沖縄名ということで、やはり文化が違う感じでしょうか。マブイ落としだとか、6本脚の豚だとか、沖縄だとなんでもアリのような気がしてきます(笑)

No title

南国の暮らしってどんな感じかな~

No title

すべて「だからよー」で許されてしまうんで(笑)、なんか陽気な感じですよね。

No title

六本足の馬だったらオーディンの乗るスレイプニールってのがいるそうですけどね。

ちなみに琉球犬と蝦夷犬は遺伝子が同じで、本州のほうが生態系が異常なんだそうです。沖縄って意外と日本より日本的なのかも。

No title

六本足の馬もいましたか。まさか乳房が足に進化したりはしないでしょうね(笑)
あっ、なるほど。沖縄のほうが本当の日本でしたか。それじゃあ、私らは異常国出身ということで。。。(笑)

No title

恒川光太郎のブログを見ていると、不思議いっぱいなところらしいですよね、沖縄。
226年間成仏できない幽霊ってもう、現世にいるのが当たり前になっているんじゃない?
怖いのに明るいって感じですか?それとも、全然怖くないの?

No title

地域性のメリットが出ていますね(笑
藤中さんも、地元をテーマに「夜歩く大仏」なんて感じでミステリーを書いたら、すごいもんができるかも!

No title

めにいさん。やはり沖縄って普通ではないんですね~ この本も普通でないことが、けっこう普通に書かれているので、ちょっと違和感があったんですが、そういった日常なら納得です。話自体はあまり怖くなく、むしろユーモアが多いです。下ネタも入り混じっていますが。。。(笑)

No title

novel1dayさん。地元でないと書けないたぐいの話ですね。夜歩く仏像はそういったたぐいの噂話は地元では実際あります(笑) ま、本当に動かないでしょうけれど。。。

No title

これは2000年に読みました。
例によって(笑)細かいところは忘れましたが私の沖縄観に大きな影響を与えました。
元気なオバァたちが印象的でしたね~ タブン

No title

読まれていましたか。私の沖縄観もこれで180度変わったみたいです。沖縄ならではの、オバァたちには、その行動だけでも大笑いでした。私はとくに6本足の豚のギ―ギーの行動がツボでした(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR