〈時空大戦1~4〉ディトマー・アーサー・ウェアー

消息不明になった仲間の航宙艦を捜索する探査艦小隊は、星系内で無事に発見するが、潜伏していた異星人航宙艦から攻撃を受ける。
探査艦344の艦長であるシャイローの機転で小隊5隻は何とか逃げ延びたが、この戦いは長期にわたる謎の異星種族との時空大戦の始まりに過ぎなかった。。。
いわゆる、異性種族艦隊VS人類による航宙軍、というミリタリーSF。
ミリタリーSFヲタではないけれど、いつのまにかミリタリーSFヲタになってしまったのかと危惧するほど面白い(笑) 
圧倒的な戦力を持つ敵に対して、こまごまとした戦略的な方法で勝とうとする航宙軍がなかなか地道で良い。
戦闘シーンが複雑に入り乱れていて読み応えがあるなと思っていたら、著者はその部分に力を入れていたらしい。
それが本書の最大の見どころであり面白味でもあると思う。
なので、有給休暇など戦闘と戦略に関係ない描写は2、3行で終わらせている。
あ、でも恋愛には13行くらい割いていたか。。。(笑)
あと何かと戦略的な戦闘に欠かせない、アイスマンとかワルキューレとかのAIたちもなかなか魅力あふれる存在。
このAIたちがラストでいい仕事してくれます。。。
シャイローは危機に陥るたびに幻視をみて危機回避をするんですが、それがSF的解決になっていて、ここのところなるほど、時空大戦ってこういう意味だったのか、と。
全体的に敵がこう来ると、こうやって戦って、という著者の延々と続くシュミレーションをみているような感じも受ける。
なので敵方が巨大アリの昆虫野郎でもオオカミ型だろうと、あまり気にならないのかも。。。(笑)
しかし友好的な異性種族のフレンドリー族って結局なんだったの?
そこが最大の謎だったかもしれない。

2019年12月発行 株式会社早川書房 ★★★☆


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

こんばんわ

ふむむ!!
なんかタイトルが大仰で,気にはなっていたのですが・・・・・
チェックチェック!!

Re: こんばんわ

>toll-npcさん。
ミリタリーSFの割には一般読者にやさしい作りになっています。
色々と仕掛けがあるので、これが許されるかでこの作品の評価が違ってくると思う。

ミリタリー系は元々好物なのでヨダレガ出そうです(笑)
忘れず近いうちに読みますっ!

最近人の読んだものを追いかけてばかりいる気がする。
「火星の人」今読んでますがと~っても面白いです♪

>びぎRさん。
ミリタリー系に疎い人も楽しめたから、このシリーズはなかなか面白いと思います。
ただ単に敵方との戦いだとワンパターンに陥るけれど、これは意外性を突いてくるので新鮮味が薄れません。

火星の人、読んでますか、これもまた面白いですよね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司をよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
訪問者数