〈死んだら飛べる〉スティーヴン・キング&べヴ・ヴィンセント編

恐怖のフライトアンソロジーということで飛行機嫌いのキングが発案者のようです。

貨物 E・マイクル・ルイス
大空の恐怖 アーサー・コナン・ドイル
高度二万フィートの悪夢 リチャード・マシスン
飛行機械 アングローズ・ビアス
ルシファー! E・C・タブ
第五のカテゴリー トム・ヒッセル
二分四十五秒 ダン・シモンズ
仮面の悪魔 コーディ・グッドフェロー
誘拐作戦 ジョン・ヴァーリイ
解放 ジョー・ヒル
戦争鳥(ウォーバード) デイヴィッド・J・スカウ
空飛ぶ機械 レイ・ブラッドベリ
機上のゾンビ べヴ・ヴィンセント
彼らは歳を取るまい ロアルド・ターム
プライベートな殺人 ピーター・トレメイン
乱気流エキスパート スティーヴン・キング
落ちてゆく ジェイムズ・ディッキー

「大空の恐怖」はホームズもので有名なコナン・ドイルはまさしく高いところを飛行機で飛ぶ恐怖を描いていま読んでもなかなか楽しめる。しかもライト兄弟の初飛行(59秒!)から10年後に書いた作品というので凄いの一言。
「高度二万フィートの悪夢」は昔、トワイライトゾーンだったかのドラマで観た事がある。一人の乗客の男が、窓の外にいて飛行機の翼の部分を壊そうとしている人間の姿をした怪物に翻弄されるんですが、自分にしか見えていないということで、本当のことなのか、ただ単に男が狂っているのか、という話。これ読んでマシスンが書いていたのかと初めて知った(笑)
「機上のゾンビ」の著者はキングと共にこのアンソロジーを編んだ人。ゾンビが蔓延した世界で生き残った人たちが飛行機に乗り込んで脱出を図るという話だけれど、ラストでやはり落としてくる(笑)
「乱気流エキスパート」はキングの書下ろし。なかなか面白いのだけれど、凄く曖昧な話でもあるかもしれない。でもキングにかかるとその曖昧設定もどうにかなるから不思議。。。
ラストの「落ちてゆく」は29歳のスチュワーデスが飛行中に突然開いた非常口から外に吸い出されて墜死した実話を詩篇という形で描いた作品。こんな高いところから落ちるのってゾッとすると思って読んだが、実際は瞬時に凍りつくようなので、そっちのほうが救いがあるかもしれないと思った。。。
飛行機はまだ一度も乗ったことがないけれど、これを読んでもっと乗りたくなくなったかもしれない(笑)

2019年10月発行 株式会社竹書房 ★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死んだら飛べる (竹書房文庫) [ スティーヴン・キング ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)


スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

R・マシスン_『運命のボタン』

「リチャード・マシスン_運命のボタン」(A-)を読了しました。→読書リスト藤中さんが見た映画「運命のボタン」の設定が気になったので原作小説を読んでみました。「ショートショート~長めの短編」の「奇妙な話~ホラー」の13編が収録されています。各編とも映画を見ているように場面が思い浮かびます。バラエティに富んだ秀作ぞろいですが、オチの切れ味はあまり鋭くはない感じもします。短い作品より描写力が生きる...

コメントの投稿

Secre

No title

高度二万フィートの悪夢はマシスンの短編集で読みましたし、映画やむかーしのドラマでも見ました。昔のドラマのモンスターはショボかった。
飛行機に乗るときは落ちる覚悟はした方がよさそうですね(笑)

>びぎRさん。
私はもしかしたら映画のやつを観たのかもしれない。。。
けっこうあの話は印象に残っていて、これが原作かとなりました。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR