〈メインテーマは殺人〉アンソニー・ホロヴィッツ

一昨年に「カササギ殺人事件」で賞を総なめにした著者の新作。
こちらの本も「このミス」や「週刊文春」などで海外部門の1位を総なめにしたらしいのだけれど(2年連続は快挙らしい)、私はその前から図書館待ちしていてやっといま来た。
1位を獲ってから並んだらもっと遅かったかもしれないと思うととりあえず並んで正解だったかも(笑)
資産家の老婦人が自らの葬儀を手配した当日に死去する。
元刑事のホーソーンに、自分がこの事件を担当し解決するのを本に書かないかと持ち掛けられ、作家ホロヴィッツはホーソーンに同行することになるのだが。。。
うん、これは見事なまでに完璧な本格推理で、なんの文句もないくらいに上手い出来かもしれない。
読み手の予想をすべて否定して、あとは何も思いつかないところまで隠し通して明かす真相。
それでいて、ところどころにきちんとそういったことを読み取れる記述が配されていて、読者へのフェアプレイも怠らない。
これは完璧以外の何ものでもない。
著者自身がワトスン役を引き受けるところからも、この作品への本気度というかそういったものが滲み出ている。
前作「カササギ殺人事件」は、う~んと思ったけれど、これはお見事といった感じ。
そういえば島田荘司氏に捧げる?遊びみたいなものもありましたね。
ホロヴィッツ氏は島田荘司氏を読んでいるらしいから(週刊文春2019年度海外ミステリー10の著者の受賞の言葉で)、たぶん、あれは意識しているでしょう。。。

2019年9月発行 株式会社東京創元社 ★★★★


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR