〈雲〉エリック・マコーマック

メキシコでの出張の折に突然の雨に降られて入った古書店で乱雑に置かれていたかなり古い本。
中を開いてみると、ダンケアンという、スコットランドの地名が眼に飛び込んできた。
ダンケアンは若い頃に少しだけ滞在したことのある地だった。
しかも黒曜石雲という、19世紀の当時にダンケアンで起きた得体のしれない謎の雲のことが書かれてあった。
興味をひかれたハリーはこの本を買うことにするのだが。。。
突如、町を覆った黒曜石雲の記述が書いてある本の謎を冒頭に持ってきて、そのあとハリーの人生が一から語られるので、この本というかダンケアンという町とハリーの人生がどこで交わってどういう落としどころがあるのか、その興味だけで読み進めていったといっても過言でないかもしれない。
ハリーの人生が語られるうちに徐々にダンケアンとのかかわりやら色々なことが判ってくるけれど、本当に最後までこの本の落としどころがわからなくて。。。
で、その落としどころは、私が勝手に予想していた黒曜石雲のことではなくて、どうやら別のところに行ったかもしれない(笑)
ラストがちょっと、核心からずらされた感じもするけれど、幻想小説の面白さを堪能できました。

2019年12月発行 株式会社東京創元社 ★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雲 (海外文学セレクション) [ エリック・マコーマック ]
価格:3850円(税込、送料無料) (2020/1/23時点)


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR