新感染 ファイナル・エクスプレス

釜山行きの特急列車で、出発ギリギリに飛び込んできた謎の人間。
が、次第にそいつはゾンビ化して乗客たちを次々と襲う。。。という列車の中で起きるパニックものだけれど、この単純明快さの中に人物の悲喜こもごもまで織り込んできて、かなりよく練られた話なので一気に観てしまった。
途中の駅のプラットフォームでゾンビが人間を襲って蠢いていたり、この感染の広がりが瞬く間という背景の速度もテンポ良い。
そしてなんといっても人物がきっちりと描かれているので、最後の最後まで見せ場をこれでもかこれでもかと持ってくる。
そこのところ、韓国、やっぱすごいやと思ってしまう。
日本でこういう誰が見ても面白い娯楽映画をつくれといっても、ちょっと無理かもしれない。
とくにゾンビとかホラーもので娯楽映画は。
日本は漫画とかアニメーションに良い人材が行ってしまっているのと逆に、韓国の方は映画とドラマに良い人材が集まっているんでしょう。
ありきたりじゃない、センスを感じさせるゾンビ映画でした。

2016年韓国映画

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新感染 ファイナル・エクスプレス【Blu-ray】 [ コン・ユ ]
価格:3619円(税込、送料無料) (2020/1/12時点)


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司をよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
訪問者数