KinKi Kidsのブンブブーン #215 市村正親さん

市村正親さんってけっこう出演されているイメージだけれど、探してみたら2017年の6月の銀座界隈を食べ歩くの回の一回だけのようです。
最近は堂本兄弟のSPに出ていたのかな。。。(←もう忘れてる)
今回は長男の息子さんのためのハロウィン衣装を作るということで、段ボール工作となったらしい。
段ボールアートの先生を招いて、恐竜を作るということで、三人で頭、胴体、しっぽを手分けして作業開始。
その前に、先生の作品をいくつか見せるんですが、みなクオリティ高かったので、恐竜も期待していたところ、出来上がったのが、う~んな感じで、観ているほうのテンションがここでじわじわ下がったかもしれない。。。(笑)
市村さんが次男の息子さんのために段ボールで作った、トランスフォーマーのほうがクオリティが高かったような気もする(笑)
ティラノサウルスの段ボールも悪くはないけれど、何かがイマイチ足りない、みたいな。。。
いっそのこと、もう少し突っ込みどころがあったほうが面白かったかもしれない(笑)
で、市村さん、やっぱりテンション、妙な前向さがいいねぇ。。。(笑)




※「KinKi Kidsのブンブブーン」は関東圏ではフジテレビ土曜11時21分から放映しているKinKi Kids(堂本光一、堂本剛)の冠番組で
毎回ゲストがしたいことをするという、ゆるい番組です。関東圏以外は、関西テレビ土曜午前10時25分、その他は深夜とかそこらでやっているはず、たぶん。。。ちなみに私が観ている唯一のバラエティ番組でもある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

段ボールアートはおもしろそうですね

恐竜をつくるのはすごいと思います。

ですが、パーツごとのクオリティが高くても、全部組み合わせると、「ウーン!!」とうなってしまうところが笑えました。


テンションがあがりつつ、最後に下がるのがおもしろい笑。


それ見たかったなあ~。

最初の設計の段階でパソコンで3D造形してから各担当者がそれぞれ作って組み合わせれば、しっくりくる作品にしあがったのかもしれません。


ハロウィンって今も流行しているようですね。不思議な面白さがあります。

Re: 段ボールアートはおもしろそうですね

>novel1dayさん。
あれはあれで良いのですが、この方の他作品のクオリティを観てしまったもので、私の中で期待値が凄く上がってしまっただけです。
フツーじゃんって感じで。。。(笑)
ハロウィンは訳わからないけれど、仮装して歩くのがいいのかなと思います。

確かに先生の作品はすごすぎましたね~ ちょっとあこがれる(笑)
でも私はあの恐竜もそう悪くはないと思いました。
限られた時間で作ったにしては頑張ったのでは?
何より3人が楽しそうだった(^_^)

>びぎRさん。
時間が2時間半くらいではあれで上出来かもしれませんね。
先生の段ボールアートが素晴らしすぎて、それにしては恐竜が。。。と思っちゃったんです。
そもそも恐竜を段ボールで作るのは難しすぎたかも。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR