〈ディープスカイ〉パトリック・リー

過去の年間ベストを探っているうちに、シリーズものでまだラストを読んでいない本を見つけまして。。。
そういった本は数あるのだけれど、だいたいがだんだん面白くなくなって読むのやめたやつなんですが、たまに話は面白かったのだけれど、図書館に入って来なくて忘れたというのがあって、それを今更ながらアマゾンで取り寄せて(知らない間に500ポイントが入っていた!)、読んでみました。
これは「ザ・ブリーチ」「ゴーストカントリー」からなる3部作ですね。
話は「ブリーチ」と名付けられた穴から吐き出されてくる、科学技術を駆使したこの世にない不可思議な有体物を巡っての騒動という感じ。
ラストは記憶を探ることのできる「タップ」が出てきます。
「スカラー」の真相を巡って、この「タップ」で真相を探るところがなかなか面白いですが、さすがに、このドラえもんのポケットみたいな「ブリーチ」はいったい何なのかという本題に入ってくるにしたがって、なんだかよくわからないというのが本音。
話が壮大すぎて置いて行かれる感じ?(笑)
途中まで楽しませてもらって悪いけれど、読まなくて良かった感じだったかもしれない(笑)

2013年10月発行 株式会社小学館 ★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

こういうのって気が付いてしまったら、読まなけりゃ気持ち悪いですよね~(笑)

>びぎRさん。
でもきっと、読まなくて良いのは自然に忘れる方向に行くのかもしれない(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR