KinKi Kidsのブンブブーン #209 ビビる大木さん

ジョン万次郎資料館の名誉館長のビビる大木さん。
ジョン万次郎が好きで高知県の土佐清水市にあるジョン万次郎資料館に通っていたことがきっかけで名誉館長になったらしい。
今回のブンブブーンは、ビビる大木さんによるジョン万次郎講座。
幕末と聞くと誰を思い浮かべるかで、みんな大好き、誰でも知ってる、トーマス・グラバーと答える光一くん、さすが(笑)、かなりマニアックなところ、攻めてきたという感じで笑った。
1827年1月1日生まれのジョン万次郎ということですけれど、偶然にも1月1日生まれは光一くんと同じということで、びっくり。
ジョン万次郎は9歳のころから一家のために働き14歳の時に漁に出て遭難、無人島の鳥島に漂流するが、たまたま食糧を探しにきたアメリカの捕鯨船「ジョン・ハウランド号」に助けられる。
が、当時の日本は鎖国だったために日本には近づけず、そのままホノルル、グアム、タヒチと辿って、日本人として初めてアメリカに上陸することに。
このときの船長に息子のように可愛がられ、アメリカの学校に通ったために、英語や基礎学問ができるようになり、そして24歳で鎖国していて危険な日本になんとか上陸したらしい。
危険を冒してまで帰国したのはお母さんに逢うためということを聞いて、剛くんがおもむろにタオルで目頭を。。。
それが前にボウリングでプロボウラーの名和さんに貰った、名和さんの姿が写っている名和タオル(笑)
仕込んでいた感、半端ね~
ということで、普通の民間人、ジョン万次郎がここまで有名になったのは、やっぱり人柄が良かったんでしょうね。
子孫のエピソードを聞いて、KinKi同様、そう思ったりした。
そういえば何気にデュオの新CMが番組の合間に流れていた!
初めて観た(笑)



※「KinKi Kidsのブンブブーン」は関東圏ではフジテレビ土曜11時21分から放映しているKinKi Kids(堂本光一、堂本剛)の冠番組で毎回ゲストがしたいことをするという、ゆるい番組です。関東圏以外は、関西テレビ土曜午前10時25分、その他は深夜とかそこらでやっているはず、たぶん。。。ちなみに私が観ている唯一のバラエティ番組でもある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

勉強になりました。今度ジョン万次郎の伝記とか読んでみよう。

この番組でこんなことを思うとはちょっと想定してなかった(笑)

>びぎRさん。
いつもと違った雰囲気でしたね。ジョン万次郎は聞いたことあるけれど、こういう人だったとは初めて知りました。

ラッキーな人生を送った万次郎

へえ~ビビるさんはジョン万次郎資料館の名誉館長されているんですか。。

彼ってお笑い芸人ですよね笑。おもしろい人ですね~。


ジョン万次郎は捕鯨船員としてアメリカに行った人ですね。アメリカの文化を日本人の誰よりも早く見てきた男として後世に名を残しています。

剛君がおもむろにタオルで目頭を抑えるのは、自分はまったく理解できませんが、なんだか昔の人って純粋だったんですね。

良い人は良い人とばかり巡り合える典型の人物だったのかもしれません。


アメリカは鎖国していた日本よりもはるかに進んでいたから、非常に勉強になったことが多かったんでしょうね。


Re: ラッキーな人生を送った万次郎

>novel1dayさん。
船が難破したときに行きついた島にアメリカの船がいたということからしてそのまま運が付いて回ったのかもしれない。
当時のアメリカの家も日本に比べたら進んでいましたよね。そういえばアメリカの家、1階から2階にするときに上につくらないで、1階部分を2階に持ち上げて造るのに、衝撃が走りました。。。(笑)

ジョン万次郎の本を読んだんでトラックバックしに来たんですが出来ませんでした。
1つの記事からは1つしかトラックバックできないのかなぁ?

>びぎRさん。
あっと、そうなんですか。。。。なかなか不便ですね。
あと半月で終了のヤフーブログが惜しまれます。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR