LOOP/ループ 時に囚われた男

麻薬密売人のアダムは仕事から足を洗うために逃亡を計画するが、自分が映った一本のビデオテープから自分がループに陥っていることを悟る。。。
ループに陥る前の自分と、ループに陥った後の自分が2人が同時に存在しているので、なんとも不思議なループものという感じ。
見たら、ハンガリー映画ということで、ハリウッドにない発想はここからきているのかも。
話自体は同じ場面を少しずつずらしながらも繰り返していくたびに、主人公アダムの妊娠した恋人への考え方が変わっていって、というノリだけれど、それでもループから抜け出せないもどかしさみたいなものが見ごたえがある。
ただ全体的に雑すぎるけれど(笑)
言いたいことはわかるからいいや、と開き直れる映画なことも確か。。。(笑)
以下、ネタバレ
 ↓


ラスト、フランスパンを持っていたホームレスの人が、誰から貰ったのかでまた永遠ループが始まる気配(笑)
あとは観る者の想像にお任せという、やっぱりかなり雑な映画かもしれない。

2018年ハンガリー映画
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR