〈白昼夢の森の少女〉恒川光太郎

10年間にアンソロジーとか雑誌に寄稿した短篇をまとめたものだそうで、テーマも枚数もバラバラだけれど、なぜか統一感のある恒川光太郎さんの作品郡。
きっと本人にしか書けない世界観が圧倒的だからだと思う。
どれもこれも私の好きな世界なので、こういったのを読むと、また恒川光太郎さんについて行こうと思ってしまう。。。

「古入道きたりて」
川釣りをしに山奥に入った先で大雨に遭い、帰りのバスに遅れたために老婆のいる一軒家に泊まることになった男は。。。
現代だと思っていたら昔の話だったり、老婆が怪しいと思ったら、人畜無害だったりと、読み手に先を読ませない展開が絶妙、なにより異形ものを描かせたら、右にも左にも前にも後ろにも(笑)出ない唯一無二の書き手だと思う。

「焼野原コンティニュー」
終末世界で名前のみで記憶をなくした男が、東京の郊外に逃れて。。。という話だけれど、男の背景の設定がなかなか面白い。
こういった設定で長編が読みたい。。。

「白昼夢の森の少女」
ある日、植物のつたが伸びて街を覆いつくす。
そこに住んでいた少女はつたに体を貫かれて。。。
アイデアがものをいう話で、そのアイデアを発展させていく過程がやっぱ、凄いわ恒川光太郎という感じになる。

「銀の船」
子どものころに思い描いていた空に浮かぶ銀の船。
ある日「条件として、20歳を超えていない人、20万円で乗船できる」という張り紙を見つけ、船に乗り込むのだが。。。
年代を超えた船の旅は永遠でも飽きない感じもしますが。。。

海辺の別荘で
椰子から生まれた女性が最後に辿りついた先で、自身の復讐話を始める。。。
本当なのかウソなのか、これ、どちらともとれるラストが上手い。

オレンジボール
気が付くとボールになっていた中学男子という、凄く設定雑だけれど、恒川光太郎が描くと茶番にならないから不思議。。。

傀儡(くぐつ)の路地
散歩が趣味の男が殺人事件に遭遇し、興味本位に犯人の男を追い住居を突き止める。
後日、郵便受けにメールアドレスを書いた手紙を入れ、殺した理由を訊く。
男はドールジェンヌが指示を出したと書いてきた。
次の日、男がいつものように散歩していると、路地に人形を抱いた少女が現れる。。。
なるほど、こういう話かと唸った。
アイデアがいいよね。。。

平成最後の落とし穴
平成のスピリットという人から電話が来て、平成についての質問を受けるのだが。。。
こ、これは。。。凄いところに落とされた感、半端ない(笑)

布団窟
それほど仲が良くないけれど一緒に遊ぶ仲でもある秋山の家に招かれたときに、布団がいっぱい敷いてある部屋で遊ぶことになったのだが。。。
これが唯一の実話みたいで、恒川光太郎半端ねえ。。。となった(笑)

夕闇地蔵
地蔵の前に捨てられていた、地蔵助は見える世界が普通の人と違って、白黒の濃淡で人の顔は真っ黒、だが目を凝らすと第二の層が見えてきて、人は皆、金色の炎となってみえる。
そんなとき、兄のように面倒を見てくれる冬次郎の秘密を知ってしまう。。。
もはや設定からして半端ない。
これも異形の存在感が揺るぎない話。

短篇集って何篇かは、あまり面白くなくて、なかには首を傾げたくなるほど意味不明なものもおおいけれど、これはすべての話に抜かりがなく読ませてしまう。
恒川光太郎最強短篇集といっても過言ではない出来。
しかも全編、普通じゃない話(笑)
この設定で長編読みたいというものが多いけれど、短篇だからこそ面白いのかもしれない。

2019年4月発行 株式会社KADOKAWA ★★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

うむむ!・・・・ブキミそうですね・・・^^)

No title

> toll-npcさん
こういう書き手はあまりいないので貴重です。

No title

みんなすごく面白そうです。チェックしておこう。
紹介の仕方も上手いのかな(笑)

No title

> びぎRさん
ホラーにしろSFにしろ、本当に読みたいところを突いてくる感じです。この短篇集はバラエティに富んでいるので入門には良いかもしれない。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR