ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 シーズン2

シーズン1はちょっと嫌な感じが漂っていて、でも終盤に近付くごとに面白さを増していったので、シーズン2を観てみたのだけれど、観てよかった、こちらはかなり面白い。
まずはのっけからのジューンの脱出シーンには観ているほうもホッとしたし、捕まってしまったときは残念と思ったけれど、以前ほどは侍女の生活からは嫌な感じが漂わなくなって、むしろそこの家の妻セリーナとの連携も頼もしかった。
終盤近くでまた逃げられる段階になったのだけれど、赤ん坊だけ逃して戻ったのはやはりセリーナを放っておけなかったからかもしれない。
一人で出産し(この出産シーンは観ているだけでしんどかった)男並みに頼もしくなってきたジューン。
あの世界でぜひ女性の政府を立ち上げて反覆してほしい感じがする。
昔に戻ってというか聖書の教えに従って(その割には女性に聖書を含め本を読ませないとか扱い酷い)女性が家庭に戻って出生率をあげるよりも、女性たちを含めて人類全体の科学の力で出生率を上げるほうがより現実的だと思う。
いつの世にも上に立つ人物の考えが浅はかだと国が滅んでしまうから、アメリカでの内戦で生まれたギレアドが滅ぶのも時間の問題なんだろうけれど、でもこうなったらジューンが先頭に立って滅ぼしてほしいと切に思う(笑)
ということでシーズン3はまだ?
あっとエミリーの行った家の司令官が、凄くおっかないサドな方だと思っていたら、凄い良い人だった!(笑)
ギレアドの司令官も捨てたものではないかも。。。

全13話
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

シーズン1を乗り越えるのが大変そうですね・・・

No title

> toll-npcさん
凄い独特の世界だから最初観たときはさすがの私も引いた(笑) でもなかなか面白いです。

No title

ハラハラドキドキな展開のようですね。
↑藤中さんが引くくらいですから、私は無理かも^^;

No title

> Puffさん
ディストピアもの好きにはたまらん展開になってきました。最初はちょっと引いたけど。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR