ルーム

閉じ込められた部屋しか知らない5歳の誕生日を迎えた息子のために、母親は部屋を脱出する計画を立てるのだが。。。
7年間、監禁されてしまって、息子まで産んでしまってという、どこかで聞いたいことのあるような話だけれど、オーストラリアで起きた実話ということのようです。
そーいえば日本でもこれと似た話があったような。。。
こういう事がどこの国でも起きているということで、こういうことをする犯罪者ってどこの国も共通だな、と。
でもどちらかというと、敷地の広い欧米のほうが、気づかれない確率がより多そうなかんじ。
この映画は、ただ脱出して終わりというのではなく、脱出した後のその後を描いているので、そこのところがただの脱出ものとは一線を画しているのかも。

2015年アメリカ映画
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

何年も監禁するなんて監禁される方も大変ですが、監禁する方も「いつ逃げられるんじゃないか」と気になって大変でしょう。うーん、気が知れない。

No title

> びぎRさん
監禁するほうも楽じゃないですよね。そのエネルギーをもっと他に向けてほしいですね。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR