INFINI/インフィニ

「ストップストリーム」という遠い惑星へでも人類を転送させられる技術の発明によって、地球の大多数の貧困層は遠い惑星へと出稼ぎで生計を立てていた。
ウィット・カーマイケルもその一人だったが、転送されるそのとき異常事態が発生し、最も危険な基地INFINIに転送されてしまう。
そこでは何かの感染で狂気に陥った人間が殺し合いをしている最中だった。
唯一生き残ったウィットを助けるために救出チームが向かうのだが…
このあらすじで、どういった話かだいたいわかるけれど(笑)、感染自体が非常に曖昧な感じで、すぐ結果が出る人とジワジワ来る人とかいて、なんか不思議な感じ。
というか、あまり脚本、練っていない?(笑)
狂気に陥った人間から逃げるというところは面白いのだけれど、そのあと生き残った一人が感染元に向かって説教を始めるところは、ん?
しかもその説教が効くところ!に、この作品の最大の落としどころとなっています(笑)
私は最後の最後まで、この人たち全員〇〇ーだと思っていて、たぶん、それを作った側が狙っていたのか、最後の最後まで本人確認とれなくて緊迫した。
よく考えると、展開、酷くて泣けてくるほどC級SFだけれど、なんか観ちゃったんですよね(笑)

2015年 オーストラリア映画
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

なんか?!
スゴそう・・・・怖いもの観たさになりますね・・・

No title

壮大で物凄い世界観のお話が、なんだか拍子抜けで終わると、ほんとガッカリと言うか拍子抜けさせられますよね。

リバーワールドなんてその典型。歴史的な偉人とか出て来てすごくリアルに表現してあったのに、収まり方が異常に安直だったり。



でも、たった一人の貧困層を救出に来てくれるなんて、この世界そう捨てたもんじゃないかも。

No title

> toll-npcさん
訳わからないところもあったけれど、この先どうなるのかという妙な緊迫感がありました。

No title

> イカダさん
たぶんもう一つの任務のついでに救出してくれるんだと思う(笑) でもついでとはいえ救出してくれるというのは良かったかも。。。 世界観は良いんだけれど、どこか破綻してくるところもあって。。。でもそれはそれで面白いんですが。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR