デイ・アフターZ シーズン1

ロシアのドラマということでどうなんだろと思って観たんですが、出だしの男女11人が地下と思われるところに閉じ込められてという設定がなかなか面白くて一気に観てしまった。
いわゆる〇〇〇ものなのだけれど、そこに至る過程がかなり異色だったので、もしかしたらこれただのパニックものなのかもと思ったりと、色々な知識を持たないで観たのがかえって良かったのかもしれない。
なのでこの記事も色々な知識を書かないで記事にすることにする。
そうすると伏字だらけになるだろうけれど(笑)
目覚めると11人の男女が閉じ込められていた。
他の部屋には実験室のようなノコギリやらメスやらがあり、どうやら自分たちが何かの実験で閉じ込められたのかと思い、懸命に出口を探すが見つからない。
そのうちに食料やら、酸素やらが足りなくなっていく。。。
一方、外では何かの拍子で拡散してしまったウイルスが猛威を振い、モスクワに住む人々の大半がやられ完全に封鎖されていた。。。
まず、これは〇〇〇ものだと思っていたのだけれど、なかなか×××らなくてと思っていたら、×××ったのがこちらだけだったという衝撃があって、ここのところちょっと〇〇〇ものの異端を行った感が半端なくてよかったかも。
しかもみんな綺麗だし。。。(笑)
政府が悪の図だったらプーチンに揉み消されてるなとそういった観方もまた楽しい(笑)
登場するキャラはみんな一癖あって感情移入できない人たちなんですけれど(笑)、それでも最後の最後まで面白いのは、たぶんストーリーが上手いのでしょう。
ロシアは小説「METRO2033」という優れものもありますしね。
そういえば〇〇〇の動き方。
あれ、たぶんちゃんと振付師さんいますね(笑)
あと一人だけ消息わからない人いますが、その辺はシーズン2にわかるのかな?
とにかくシーズン1に関しては最強に面白かった。
スパシーバ、ズドラーストヴィチェ、ハラショー、ダスビダーニャ。
とりあえず知っているロシア語を並べてみた(笑)

全12話
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR