ディストピア パンドラの少女

原作読んでストーリー的な面ではわかっているのでそれほど楽しめないかなと思っていたのだけれど、これがなかなか楽しめた。
作品の持つ力と、その作品のストーリーをわかっているからこそ、映画ではどうなるんだろうという興味、そういうところが楽しめたのかもしれない。
まずは主人公のメラニー。
原作で読んだイメージと違ってあれ?と思ったのだけれど(私はてっきり金髪で髪の長い美少女を思い浮かべていたので。。。)、でも映像化にするにあたっては、変に美少女美少女するよりも、こちらのイメージで良かったのかもしれないと思った。
それほど〇〇〇になっていたときは絶妙にハマっていた。
これが美少女だったら、かなりキワモノ度が増していたかもしれない。
子供たちの変化は小説だとそれほどでもないけれど、はやり映像だとインパクトがありすぎて、うわ~となる。
ま、私はこういう映像作品を見慣れているからそれほどでもないけれど。
この映画にひとつだけ文句を言うならば、やはりラストかもしれない。
ラスト、映像でみせるとなるとこういうやり方しかないのかもしれないけれど、なんだか滑稽な終わり方で、原作のオブラートに包んで、それとなく読み手に悟らせる感がなくて、ここだけ、んんん?となった。
ここだけは原作の余韻に敵わなくて、残念と思った。
そういえば、この作品からゲオのお世話になっています。
楽天レンタル終了後、面倒くさくて登録延ばしていたけれど、ようやく登録できました(笑)

2016年イギリス・アメリカ映画
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

GEOは近くに店ないけど、宅配お世話になってます!
旧作アニメとかいろいろあってよいですね
これも探してみるか?でも、原作よんでないな^^)

No title

> toll-npcさん
ゲオは近くにあるにはあるけれど、バスが通っていないから歩くには遠い感じです。なので、私も宅配です。この作品は〇〇〇ものですが、ちょっと変わった感じなんですよ。

No title

パンドラの少女の映画化なんですね。ディストピアって頭についているからイメージが一致せずにスルーしちゃってました(^_^;)
で、終わり方ですが、すっかり忘れていて自分の記事を読み返したけど思い出せませんでした(^_^;)

No title

> びぎRさん
タイトル、パンドラの少女だけでは物足りなかったんでしょうね。。。終わり方、映画のほうがシュールな感じになっているかもしれない。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR