〈巨神覚醒上・下〉シルヴァン・ヌーヴェル

前作〈巨神計画〉で、世界各地で見つかったロボットのパーツを組み立てて出来たテーミスだけれど、これと似た足が逆関節なロボットが突如としてロンドン中心に現れて、一瞬にしてロンドンを地獄にしてしまい、異星人ロボットと人類の戦いが始まる、というのが今回の話。
テーミスをパイロット二人でなんとか操縦して迎え撃つ方向に行くけれど、その場しのぎはできたけれど、あちこちの地域で敵方のロボットが出現してきて、エヴァンゲリオンの24話がまとめてきた感じ(笑)
あいかわらず、物語を俯瞰するような会話形式の展開だけれど、今回はこのスタイルがハマった感じもする。
最大級の驚愕はやはり、ローズが***だと思っていたら、逆だったこと。
読んでいて、えええええっ~~~となった(笑)
ここのところに著者のワザを感じたけれど。
テーミスをバラバラにして各地に埋めた理由とかそういった事も含めて、ちょっとは腑は落ちたかも。。。(ここのところはまだちょっと疑問があるけれど)
異星人を後退させた結末はかなり呆気なかったけれど、また気になるところで、引き。
あとがきで解説者が、そっちに行くか、普通、と、次の巻の話のことをいっているので、この次の巻に期待しよう。。。

2018年6月発行 株式会社東京創元社 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

3部作って感じ?
おもしろそうですね

No title

> toll-npcさん
巻を重ねるごとに面白くなっている感じです。次の最終巻も期待です。

No title

お、続編出ましたか? しかも「巻を重ねるごとに面白くなっている」ですと! さっそく読まなければっ!

No title

> びぎRさん
図書館の新着に入って気づきました。次の巻もとんでもないことをやってくれそうな気配です。

No title

次の巻ではどっちにいったんでしょう?
気になる~(>_<)

No title

> びぎRさん
たぶん誰もが予想していなかった方向だと思うけれど。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司をよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
訪問者数