KinKi Kidsのブンブブーン#142 高橋克典さん

高橋克典さんは芸能界きっての肉体派、しかも健康マニアだそうで、そんな高橋克典さんがKinKiとやってみたいことは、自身もプライベートで通っているという、恵比寿にあるキックボクシングジムで「男磨きの大切さを伝えたい」ということ。
ここのところで噛んでやり直した高橋克典さんに笑った(笑)
現在53歳の高橋克典さんの肉体年齢が37歳だそうで、KinKi Kidsはそろって39歳だから、剛くんいわく、俺より年下。
そしていつまでも若いと思ってる?と高橋克典さんに訊かれ、思っていないですよと答える剛くん。
年相応になっていくんだろうなと、最終的には水墨画を描くというイメージという、さすが仙人。。。(笑)
キックボクシングと聞いて、KinKiのふたりのテンションは無駄に下がっていますけれど(笑)、しんどいとか言いつつ、無難にこなしてしまうのが、さすがジャニーズ。
とくに剛くんはその昔ドラマで、ボクサー役をやってましたもんね。。。
たしか役名が、時枝ユウジだったかな。。。深キョンが「愛はパワーだよ」というやつ。。。
もちろん、内容は覚えとらん。。。(笑)
なんだかんだ言いながらも最終的には、キックボクシングのトレーニングは楽しかったらしく光一くんなんか突き指して爪がはがれるけがをしているのに片手で挑戦してしまうまでに。
でもこの次に場所を変えて走り込みだとかやるのは嫌みたいですけれど。。。(笑)
次回は尼神インターさんの「剛と中目黒デートがしたい by誠子」
尼神インターって、初めて聞いた名前だけれど(笑)、お笑いの人?
片方の誠子さんが、KinKiしかも剛ヲタなの?

GYAO!で始まった「堂本剛の素」
クマノザクラを見に行くの後篇で、歩いてクマノザクラが咲いている近くに行って観て、詞を書くという内容ですけれど、あいかわらず剛くん、深いなあ。。。私的にはスタローンが突入する前の小屋、に笑った。。。



※「KinKi Kidsのブンブブーン」は関東圏ではフジテレビ土曜11時21分から放映しているKinKi Kids(堂本光一、堂本剛)の冠番組で毎回ゲストがしたいことをするという、ゆるい番組です。関東圏以外は、関西テレビ土曜午前10時25分、その他は深夜とかそこらでやっているはず、たぶん。。。ちなみに私が観ている唯一のバラエティ番組でもある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

こんばんは。
高橋克典さんの肉体年齢が37歳ってすごいですね。
私も尼神インターって聞いたことがありません^^;
次回のお楽しみですね。

No title

> Puffさん
私は肉体年齢よりも精神年齢が低い感じがする。。。(笑)
尼神インターって妙なネーミングなので一発で覚えます。だからそういう名前を付けたのかもしれない。。。

No title

高橋克典氏ですか。肉体派だったとは知りませんでした。そうです。秘密はタンパク質。筋トレだけしても十分なタンパク質を得られないのでゆで卵や鳥のささ身やプロテインを混ぜてミキサーでつぶして飲むといいですね。自分はしています笑。豆乳と牛乳を半々混ぜます。筋肉質の身体はたくさんの回数よりも自分の力では持ちあげるのが難しいほど重いダンベルやバーベルを10回なんとか頑張って持ちあげると筋肉が破裂するのでそれで成長します。それが楽になるとさらに重くして筋肉に負担を与えます。すると成長します。
高橋さんはおそらくそれをしているのでしょう。
けっこうつらいですよ。
でも年齢に関係なく成長ホルモンが分泌されて、確実に若々しくなります。70代でもいけると思います。
人間の身体は80%が水であとはタンパク質と脂質と炭水化物ですrが、タンパク質が6割占めます。アンチエージングはこのタンパク質量を増やすことが鍵となりますね。
キンキキッズの2人は仙人の如く達観しているのが素晴らしいのですが、2人とも実は筋肉質かもしれません。
GYAOでクマノ桜をちょっと見ました。剛君の達観ぶりが初めから出ていましたね

No title

> novel1dayさん
筋トレを述べさせたら、右に出ないというほどよく知ってらっしゃいますね。。。(笑) でも若くなるのなら少し試してみてもいいかもしれない。。。筋肉は歩くときも必要だし、しゃべるにも必要だから、老化するのを多少は食い止められそうな気がしてきた。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR