〈インフルエンス〉近藤史恵

作家の私に舞い込んだ手紙の内容は、女三人の三十年にわたる関係に興味がないか、小説の題材にしないか、というものだった。
実際、そういうファンは多くいるが、いずれも大した面白くないのが多い。
が、作家の私はその手紙の主に会ってみることになる。
あいかわらずちょっとした話を広げて読ませたら右に出るものがないほど達者な著者だから、読み手もサクサクと読めてストレス知らず(笑)
話のなかで、ドラマティックな展開よりも地味な展開を好むというように、著者本人もこの地味な展開がベストと思っているのかもしれない。
なので地味だけれど面白い展開を意識しているからか、こういった話もなかなか手慣れたワザを感じた。
何の題材を書かせても安定なのは、なかなかできることでない。
著者本人がいろいろなことに興味を持っているから、ある種のパターンに陥ることもないし。
こういう題材をサラッと書く。
この方、やっぱ、すごいかもしれない。

2017年11月発行 株式会社文藝春秋 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは。
長く生きていれば、事実は小説より奇なりとか思って作家さんに申し入れる人がいるかも。と思ったりして。平凡だけどどう描くかが書き手の腕力でしょうか。

No title

> Puffさん
人間何かしら波乱なときがあるのでしょうね。。。私は小説にできるネタがない人生ですけれど。。。(笑)

No title

「地味な展開なのに面白い」っていうのは書く方は難しいでしょうが、読む方にとっては一番いいですよね。
近藤史恵氏の作品は自転車関係のしか読んだことないので他の作品も読んでみよう。

No title

> びぎRさん
奇をてらわないミステリーだから、着地も地味に上手いという感じです(笑) とにかく300ページ以内に長さを押さえているから余分な文章もないしでサクサク読めるのが良いです。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR