女子ーズ

世界征服を企む怪人の相次ぐ襲来に、地球の平和を守るために結成された5人組戦隊「女子ーズ」
5人揃って繰り出せる必殺技の「女子トルネード」でつぎつぎと怪人をやっつける。
が、個性の強い5人の女子たちはいつしか足並みがそろわなくなってくる。。。
監督が福田雄一氏なので、バカじゃないのと言わずに、バカバカしさを愉しむ映画(笑)
佐藤二朗があいかわらず佐藤二朗過ぎて笑う。。。
芸達者な俳優の無駄遣いな気もするけれど、じつは芸達者な俳優陣を使うからこそ、このバカバカしさでも映画になるのである(笑)
来なくなった仲間を戦闘服のまま電車に乗ったりして迎えに行くというのが、けっこう好きかもしれない(笑)
勝手気ままな彼女たちが揃うのをいちいち待っている怪人。
じつはいちばん平和な奴かもしれない(笑)

2014年「女子ーズ」制作委員会
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

うん、「怪人」いいひと~(笑)

No title

電車ってのがよくないと思います。地球の平和がかかってるんだから、そりゃもちろん予算をつけて、空飛ぶスーパーメカくらい買ってもらうべきです。

No title

> びぎRさん
「怪人」は愛すべき人物ですよね。。。(笑)

No title

> イカダさん
いやいやいや。。。あの戦隊の服を着て電車に乗るから面白いんですよ。。。(笑) 予算はあるみたいで、巨大人型ロボットがラスト近くで登場します。。。

No title

お、女子ーズ?ですか。テレビ番組の映画化かな。

ゴレンジャーなら知っていますが、もしかしてあんな感じなのでしょうか。これもシリーズ化され現在まで続いているようですね。それがとうとうオール女子に変わったのでしょうか。

ゴレンジャーのときはモモレンジャーだけが女性でした。テレビでは4人が男性で1人が女性というパターンだったと思います。

それが新しいネタで全員女性ですか笑。

男性は結束力がありますが、女性はね、集まると性質がちょっとよろしくない方向に。好き勝手なことばかりいって、経験上まとめるのが難しくなりますね。

ともかく、この映画は一見の価値がありそうです。予告編を探してみましたが、5人ともヒロインでありながら不格好な衣装ですね。おもしろい。。
なんかヒロインの日常がそのまま戦闘服というのは、ダウンタウンのコントネタのようにも思えます。

No title

> novel1dayさん
軽くゴレンジャーの女版です。。。桃色いませんけれど。。。
福田雄一監督だからどちらかというと、そのバカバカしい世界観を愉しむ映画化も。。。あまり期待しないで観るのがいちばんですが、ときたまじわりとツボにはまってくるんですよ。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR