〈霧の島のかがり火〉メアリー・スチュアート

メアリー・スチュアートって聞いたことがあるなと思って、図書館予約を取ったのだけれど、あとから著作を全然読んでいないことがわかって、あれ?という感じ(笑)
そーいや、アレクサンドル・デュマの本に「メアリー・スチュアート」というのがあったと思い出して、これか~となった。
たしかあの本はスコットランドの女王の話だった。
もちろん、この本を書いた人はスコットランドの女王ではなく、どうもジブリでアニメーション化された「メアリと魔女の花」の原作を書いた人らしい。
あらすじは離婚したモデルの女性が休暇をのんびり過ごすために、スカイ島という島に行ったのだけれど、次から次へと殺人事件が起きるというもの。
なんか久しぶりに単純明快なミステリーを読んだ気がする。
読むのが面白くて一日で読んでしまったほど。
とはいえ、犯人は最初からこいつだろうと思っていたのが犯人でしたが。。。
しかもロマンス付きだし。。。
でもそこに至るまでの読者を引き込む力は只者ではないという感じです。
たまにはこういう小説も良いかもしれない。

2017年8月発行 論創社 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

そんな分かり易い犯人を出すなら、動機とか昔のいきさつとか、色々出さないとモノにならないんでしょうね。

それともロマンスが話の本流で事件はついで?

No title

> イカダさん
いやいや。本編もなかなか凝りに凝ってはいますから、なかなか読ませる話にはなっています。ただ、昔の小説だから犯人が単純明快なのです。

No title

こんばんは。
何だか一気に読めて面白そうですね。
単純明快なミステリー、いいですね。あんまり頭使いたくないので^^;

No title

> Puffさん
いまのミステリーは色々と技がないと面白くないところに来ているので、こういった単純明快な話は逆に新鮮さを感じました。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR