〈GONE上・下〉マイケル・グラント

突如として教室から消えた教師。
目の前で起きた不可解な現実にサム達生徒は唖然とするが、次第に消えたのは15歳以上の人間全員であることを知る。
当然、家や職場にいるはずの両親もおらず、街は次第に混乱に陥るが。。。
突然、教師がいなくなるといった、のっけからワクワクするような面白い描写で引き付けるので妙に読ませる。
この世界がどういったことになっているのかというのが、じわじわとわかって来ると、ちょっとキングのあの小説を彷彿させて被るな~と思っていたのだけれど、この小説のほうが発表が早かったみたいで、キングが真似したということになるかもしれない(でもキングのあの小説も構想数十年とか言っていたのでここのところは微妙な判定かも)
文章とかが書きこみ不足なのかちょっとわかりにくい場面も多々あるのだけれど、それを含めても読ませるパワーは半端ない。
ラストでいろいろな事実もわかりつつもシリーズものということでその解決はまだまだ先になりそう。
いったん終息した人間対人間の戦いだけれど、この世界なので、だんだん食糧事情も乏しくなってきたりと、まだまだ困難がありそうな気配。
シリーズものなのでこの先どうなるのかわからないけれど、本書に限ってはなかなか面白かったです。

2016年4月発行 株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

そう言えば昔の児童文学で『子供だけの町』なんてのがありました。
ティンペティルとか言うヨーロッパのどこかに、イタズラな悪ガキが少数居て、ついに怒った大人たちが一時的な懲らしめのために子供全部を置いて姿を消した。
まではよかったが、間違えて国境を越えたせいで全員拘束。真面目系な少年少女たちが町の平和と独立を守るために動き出す。なんて話でした。
児童文学だから最後はもちろんモトサヤ。結構よくあるネタかもですね。

No title

> イカダさん
なるほどなるほど。。。大人が消えたのはそういうネタでしたか。。。でもこの小説は今いる人間も15歳になると消えてしまうという、がっつり消えるネタなので、なかなか先が読めない展開で面白いのです。でも、まあ、まだラストを読んだわけではないので何とも言えないのですが。。。

No title

あ!クライトンじゃないんだ^^;)
チェックしときます

No title

> toll-npcさん
どうもこの小説でブレイクした新人さんみたいです。といってもこの小説、本国では2008年に出たものだから、今じゃいっぱしの小説家かもしれないけれど。。。

No title

なかなかワクワクする設定ですが。。。
私たちは消えちゃう方ですね~(笑)

No title

> びぎRさん
完膚なきまでに消えますね。。。(笑)
でもこの消える理由というのがちょっと弱い感じもするんですよね。そこが難点。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR