KinKi Kidsのブンブブーン #76 オードリーさん

出会って20年のオードリーさんと、20周年year突入のKinKi Kidsがコンビ愛を確かめるという回。
これだけで何やら楽しそうな気配が漂う今回のブンブブーンですけれど、初っ端っから撮影許可の境界線で例の相撲が始まり、そこで許可の境界線を踏み越えてしまったのか、いきなり画面が消えて薔薇と太陽がかかるという、なに、いちゃいちゃしてたんだよ、なオープニング(笑)
オードリーさんたちにもオープニングトークネタに100点をもらいつつも、仲が良いといわれる始末。
でも良く考えるとカメラマンさんはあの線から出て映している。
カメラマンさんは良いのかな?
それにしてもオードリーさんたちも同じ37歳というのも、なかなか共通なコンビを見つけてきたな、というかんじ。
最初は触って相方を当てるのだけれど、光一くんいわく、触らなくても隣に立つだけで判る、というので、それを試してみることに。
剛くん、2番といきなり言っていたのに胸板が堅いと言って、迷って3番にしてしまうんですけれど、最初の勘で言ったら大当たりだったかもしれない。
KinKiの仕事で一番楽しかったのも、剛くん「J-Friends」と答え、光一くん「Love Love愛してるで行ったハワイ」
なにげにLove Loveのハワイ旅行が懐かしい。。。
昔はフジも太っ腹でしたしね。。。
いまはちょっと、あの番組欄の位置が悪いのではと思うほど、テレビ東京と同化したような視聴率でダメになった感じのあるフジテレビ。。。
でも横浜アリーナで出会ってそのあと、横浜インターコンチネンタルで会話したのが、8チャンネルでも観よか、ということだったらしい。
フジテレビスタッフが拍手して大喜びの図。
こんな頃からフジテレビとは切っても切れない縁ってことだったかも(いま唯一のテレビの冠番組はフジテレビしかないし)
売れたと思ったときはも、光一くん「衣装を作ってもらったとき」と剛くん「マネージャー」がついたときと、外しまくり。。。
ラスト、上から落とした、ちり紙を2人で手を繋いで「ふーふー」しながら落ちないようにするのは、ダメ予感しかなかったけれど、やっぱり。。。(笑)
でもKinKiのBGMをその場面に合った形で流すスタッフさんに愛を感じました。
来週は剛くんが光一くんの胸を揉んでいますけれど、何があったの?(笑)
最近は隙さえあれば、最新のライブBD観賞してますけれど、「スワンソング」の歌いだしのところのバックにいるダンサーさんが床で凄い恰好して、もはや人間の形をしてないですけれど、大丈夫でしょうか?(笑)
観るたびに気になります。。。
あと、やめPUREの渋滞のところをリピしすぎてどうにかなりそうです(笑)
初回、通常2枚買っておいて良かった。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR