〈深い穴に落ちてしまった〉イバン・レピラ

タイトル通り深い穴に落ちてしまった兄弟の物語。
兄弟の名前も年齢も明かされず、ただ森の中央に丸く空いた7メートルの深さのピラミッド状の穴から出られないという設定から始まるんですが、それでも一気に読める。
極限の食べ物がない状態なのに、母親に渡す食べ物を入れた袋に手を付けず、ミミズなどの虫や泥水で飢えをしのぐというところ。
ここのところがずっと不思議だったのだけれど、ラストに至って、なるほど、もしかしたら**いりだったのではと気づかされた。
そしてこの小説の章に素数が使われているところ。
そこのちょっとした謎もラストに至って、あっと驚くではなくて(笑)じわじわとくる。
この小説はもっといろいろと深く読めば、いろいろなことがじわじわとくるという、つくりかもしれない。
それにしても極限の食糧事情に、うげげげ、となるな。。。
とくに、ウジ虫のくだりは。。。
それでもラストで考えさせられるから不思議といえば不思議かも。

2017年1月発行 (株)東京創元社 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは。
面白そうなストーリーですあ、ウジ虫はちょっと(笑)

No title

虫系は貴重な蛋白源ですから(笑)
それにしてもこのストーリーと素数の関係はなんなんでしょう?まさかSF落ち?

No title

> Puffさん
なかなかサクサクと読めて面白かったです。ウジ虫が難点ですが(笑)

No title

> びぎRさん
素数はSF落ちではなくて、比較的穏やかな落ちでした。ちょっとした仕掛けという感じです。生き残るには虫は外せないわけですね。そういう場面にはでくわしたくないです。。。

No title

兄弟の名前はもしやティモンとプンバァ?

No title

> イカダさん
ティモンとプンバァって誰?と思って検索したらライオンキングの登場人物と出ました。もしやそのティモンとプンバァは穴に落ちた?

No title

> 内緒さん。
なるほど、そっちのほうの繋がりでしたか。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR