〈スキン・コレクター〉ジェフリー・ディーヴァー

ウォッチメイカーが獄中で死んだとの報せを受け、ライムは葬儀場に遺骨を取りに来る人物を部下に見張らせる。
が、その直後に腹部に刺青を施されている女性の死体が発見される。
犯人はインクの代わりに毒物を刺青に刻んでいた。
そして犯人が残した紙片は、ライムが解決した「ボーン・コレクター」の事件に関する書物だった。。。
リンカーン・ライムシリーズ最新作ということですが、今回はちょっと「ボーン・コレクター」と「ウォッチメイカー」関連が出てきて、なかなかの予想のつかない展開になっています。
といっても「ボーン・コレクター」はすでに忘れてしまっていて「ウォッチメイカー」も記憶が危ないところをさまよっていますが。。。(汗)
今回、最初にこいつが怪しいと思っていたけれど、こんなに簡単に犯人にはしないだろうと思って油断していたのが、まさしくビンゴだった。
著者も色々と読み手の裏をかいたり表をかいたり(笑)大変です。
今回、どんでん返しもウザくならずスマートだったので、そこのところ気を配っている感じがお疲れ様でしたという感じでした(笑)
ウォッチメイカーもなんか続篇があるっぽい感じもしますけれどどうなんでしょう?
とにかく著者はまだまだ書きたいことがある感じのようでこれからも楽しみです。

2015年10月発行 株式会社文藝春秋 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

毒物で入れ墨・・・・描き始めてから何時間で効くような毒なんだろう。などと関係ないことが気になってしまいました。

No title

> イカダさん
植物由来なので、たしか、かなり即効的な効き具合だったような。。。あんまり注目してなかったから、とっくに忘れているけど(汗)

No title

この前作のゴースト・スナイパーはイマイチでしたが、このスキン・コレクターは犯人がサイコパスだったのでディーヴァー節が楽しめました😁

犯人が本性を現すタイミングが絶妙でしたね。

次回作のSteel Kissの翻訳が待ち遠しいところですが、先にキャサリン・ダンスの訳本が出るみたいです。

No title

話は変わりますが、今読んでるグレッグ・ハーウィッツの『オーファンX』(角川文庫)はおすすめです。
きっと気に入ると思います。

No title

> kennyaskrさん
なかなかどんでん返しもスマートで良かったですね。あとウォッチメイカーの動向が気になります。。。

図書館に『オーファンX』があったので早速、予約取りました。2番目のようです。。。

No title

最新作に第一作のネタを使ってくるとは読者泣かせですね~(笑)

No title

> びぎRさん
覚えているのは著者だけ、みたいな。。。(笑)

No title

何だか面白そうなストーリーですね。
図書館チェックしてみます^^

No title

> Puffさん
シリーズも長く続くとマンネリになりますけれど、今回のは結構おもしろかったです。

No title

早く旧作を先に読んでしまいたいと思いつつ、そうすると最新作が旧作になったころで、その前のはよく覚えてない!!
って、よくありますね・・・(汗)

No title

> toll-npcさん
そうそう、それしょっしゅうあるかも、です。
最近は読んだ本から忘れていく感じです(汗)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR