〈ナイスヴィル2 上・下〉カーステン・ストラウド

自然豊かな町ナイスヴィルでの怪異を描くシリーズ第二弾。
怪異といっても、本筋ではふとしたことから銀行強盗の張本人がバレてしまったり、罪を着せられてしまった人や、一般市民が巻き添えを食ってしまったりと、あまりホラー色は控えめだけれども(元々、警察小説畑の人だからか?)、裏で起きているちょっとした怪異がゾクゾク来る感じです。
そして、今回で全体の怪異の対立構造というのがはっきりとわかってきて、悪だと思っていたほうが実は善だったりと、善だと思っていた人が悪の手先になりつつあったりとけっこう意外性もある。
しかしナイスヴィルの創立一族たちのいざこざが未だに尾を引いている執念は凄まじいかもしれない。
レイニーの出自もわかり、彼の立ち位置も決まったいま、さて、これはどう決着つけるのかということだけが興味津々かも。。。
早めに次にかからぬば。。。

2015年12月電子書籍版発行 株式会社早川書房 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

これはホラーなんですか。ホラーはちょっと苦手です(-_-;)

No title

控えめにじわじわ来るホラーと意外な展開。テクニシャンな作家みたいですね。

てか、そうでもなければ上下ものを三部なんて長い話、書かないでしょうからね。これだけでもたいした自信。

No title

> Puffさん
これはじわじわくる怖さかもしれないので、ホラー苦手な人にはお薦めできないかも。。。

No title

> イカダさん
この作家さんはホラー畑でない分、全体から客観視するホラーに長けているのかも。ま、そこのところがガチなホラーファンには物足りない感じもするのだけれど。。。

No title

町の名士が怪異の元凶、って言うとなんか横溝ワールドと共通するものがあるんでしょうか?

No title

> びぎRさん
祟りじゃ。。。とかは言わないけれど、怪しい老人が跋扈してします。。。

No title

前作を遥かに上回る展開に3作目を期待してたら、なかなか出なくてウズウズしました(笑)。出たその日から2日で一気読みしました。
ここ最近読んだシリーズものでは始末屋ジャックやジャック・リーチャーに匹敵する面白さでした。
3作目の怒涛の展開を乞うご期待!

No title

> kennyaskrさん
いま上巻にとりかかるところです。一気読みですか。それは楽しみです。いまのところ、電子書籍もパソコンでしか読めないのが難点です。タブレット、買おうかな。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR