〈ジャイロスコープ〉伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作家生活十五周年の節目の文庫オリジナル短編集ということのようで、アンソロジーや雑誌のために書いた短編を集めたのが本書のようです。

浜田青年ホントスカ
ギア
二月下旬から三月上旬
if
一人では無理がある
彗星さんたち
後ろの声がうるさい

「浜田青年ホントスカ」は架空の都市蝦蟇倉市を舞台にした創元推理社から出たアンソロジーに入っていて、このとき私も読んでいる代物。
スーパーの駐車場で相談屋を営む稲垣さんと、その下で働くことになった浜田青年の意外な結末というのがなかなかの読みごたえになっています。

この短編集で一番好きだったのが「ギア」
どこまで行っても荒れ果てた地に、さまざまな人を乗せてワゴン車を走らせている訳とは。。。
セミンゴという生き物の生態が面白い。
このセミンゴに支配された世界を軽く描いているのに技を感じた(笑)
これと同じ世界観で「ブギ」「ギブ」という続編もあるらしい。
どこに載っているんだろう。。。?

もしもあのときこうしていたらという「if」
これは過去にできなかったさまざまなことを今になってやれてありがとうな結末。
その展開がうまい具合に巧みなので思わず唸ってしまう。
こういうのを読むと短編ってほんと面白いなと思う。

2015年7月発行 株式会社新潮社 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

伊坂さんは長編も短編も上手く纏め読ませてくれる貴重な作家さんですよね。アニバーサリー的な本のようですが、タイトルの『ジャイロスコープ』は作品として収録されてないようですし、どこからきたんでしょうね?多角的に伊坂さんをみるという意かなぁ(・_・;?

No title

> チルネコさん
ジャイロスコープは「回転するコマを三つの輪で支え、自由に向きを変えられる装置みたいで、外圧を加えるとコマ独特の意外な振る舞いをすることから、転じて軸を同じにしながら各々が驚きと意外性に満ちた個性豊かな短編小説を指す」と、扉裏に説明されています。

No title

私も短編大好きです。
ifは興味ありますね。図書館チェックしてみます。

No title

> Puffさん
ifは短編ならではの起承転結がきちんとできてる作品で短編の醍醐味が味わえます。ぜひともチェックしてくださいね。

No title

「セミンゴに支配された世界」ってのが気になりますね~ 昆虫のセミとは。。。関係ないですよね(笑)

No title

> びぎRさん
セミンゴはメタリックボディの巨大節足虫で3メートルという設定です。どちらかというと怪獣っぽいかも。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR