〈岩窟姫〉近藤史恵

タイトルでピンときた人はかなり年代高めの人、しかも「モンテ・クリスト伯」にがっつりと打ちのめされた人に違いない(笑)
「岩窟王」は、結婚式当日に無実の罪で牢獄されたエドモン・ダンテスが、死に物狂いで脱獄し自分を陥れた人物に復讐するといった話てすが、近藤史恵は現代の芸能界に置き換えたところが目新しいという感じかも。。。
人気アイドル沙霧(さき)の謎の自殺で、いじめの濡れ衣を着せられたアイドル蓮美(れみ)が、自分を陥れた人物を探り出すうちに、命の危険にさらされるという話。
相変わらず、サクサクと面白く読ませる筆力は健在で、あまりサクサク読ませるので、いろいろと見落としがちだったのですが、ちゃんと伏線があるミステリーだったことに最後に気づきました(笑)
ここのところ、あっさり書くものだから、あまり気にしていなかったんですね。
ま、それを狙った感が強いですけれど。。。
なるほど、今回、かなり練られた話だったことがわかりました。
岩窟姫っ主人公のことだと思っていたら、結局、あの人だったのかとかそういったもろもろのこととか。
280ページでこれだけのことが出来る、みたいなお手本かもしれない。
無駄に長いだけがミステリーじゃないってことでしょうね。

2015年4月発行 徳間書店 ★★★☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

久々に褒めまくりですね。

江戸川乱歩の白髪鬼とか、やってる人けっこう他にも居そう。70年代の少女漫画にもあったし。

でも主人公ではないとすると、大金を手にするエピソードは出てこない?

No title

> イカダさん
江戸川乱歩の白髪鬼、懐かし~(笑) 江戸川乱歩はなんといっても孤島の鬼が好きです。
大金を手にすることはないけれど、確実に復讐が実行される仕組みになっとります。

No title

ピンときたのですが、巌窟王はよく覚えていません!笑
岩窟姫ということは、姫がえっちらおっちらノミとカナヅチで岩に穴を掘っていく話でしょうか? こらえらいこっちゃです!

No title

> novel1dayさん
たしかに私も岩窟王は覚えていないかも。。。モンテクリスト伯ということはわかってはいるけれど。 岩窟姫は現代なので岩にノミでというのはなかったです。。。(笑)

No title

おもしろそうですね・・・
チェックチェック・・・・(でもほとんど忘れてる・・・汗)

No title

> toll-npcさん
近藤史恵さんは読者にやさしい文章力ですから、サクサク読めてしまいますよ。でもそこが物足りない時もあるのだけれど。。。

No title

巌窟王…聞いたことはありますが良く知らないです。古典とか名作とか弱いな~(^^;)
確かに最近の小説って長くて閉口することが多いですね~ 280ページぐらいならサクッと読めて良さそうです。

No title

> びぎRさん
岩窟王は復讐ものの代名詞みたいになっていますから、けっこう有名かも。。。
最近長いのは本当に面白くなきゃ読みたくなくなっている自分がいます。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR