〈霊応ゲーム〉パトリック・レイモンド

出た当初は傑作と評価されたにもかかわらずあまり話題にならずに静かに消えていった本書は、じわじわと長い年月をかけて復刊を望む声で甦った本ということらしい。
たしかにプロローグなどはいったい何があったのか気になる書き出しで、ここのところとても上手い出だしだな、と感心。
そして、当時の事件を知る人物に会いに行った記者が、真実を言うのをためらう人物から聞き出していくという構成は絶妙。
イギリスの名門パブリック・スクールと聞いただけで、全寮制、男子だけが出てきて、私的には、やっほーな世界観(笑)
その中で、悪童グループがいて階級の低いものへのいじめとか、いじめられた少年を助けるどこか歪んだ心を持つ一匹狼とか、先生からのいじめとか、教師と妻、校長と妻と従姉妹とかの、もうどろどろな世界(笑)が一昔前の少女漫画で、やけに面白かったです(笑)
しかもこの話の凄いところは、ラストに行くに従って半端ない数の死人を出していくところ(笑)
こんなに死人だしちゃって大丈夫か~な感じで、しかも、どろどろが極限に達しながらもなおかつ。。。(笑)
潔いというかなんというか、この死人の数はある意味、何かを超えたかもしれない(なにを?(笑))
でもよく考えてみると、これは凄く怖い話でもあるかもしれない。
イギリスの全寮制の男子ばかりが出てくる少女漫画を読んでいたら、とんでもないところに突き落とされたみたいに。
どうりで訳者がウィルスンの「ザ・キープ」を訳した広瀬順弘さんだと思った。
ということで、これはほんとうはホラーカテゴリなのかもしれない。。。

2015年5月発行 早川文庫 ★★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

男子寮ネタはやっぱり国産に限る。と言ったところですか。

No title

> イカダさん
外国産もそれなりに萌えます(笑) 落としどころがすんごいです。。。

No title

タイトルはこっくりさんっぽいけれど、そういう話でしたか。
「ザ・キープ」の訳者なら惨殺シーンは得意そうですね(笑)

No title

> びぎRさん
じつはこっくりさんなお話なんですよ。。。それと思わせないで、最後に落としてきます。。。

No title

やっぱ、ホラーなんですか?!
BLだったら読まないけど・・・^^;)

No title

> toll-npcさん
書いている人が男性だから、BLすれすれなホラーというところかも。。。

No title

藤中さんの楽しんでいる様子を見ると、読みたくなりますね。
なんだか死者が出過ぎてしまうあたりはやっぱりホラーかもしれません。

No title

> novel1dayさん
楽しんでいるのがわかりました?(笑) BLとホラーの微妙なコラボレーションと言っても過言ではないかも。。。(笑)

No title

藤中さんの記事を読んで読もうと思ったはずなのに、ホラーということを忘れていて、最後のオチにあれれでした(笑)。どんどん死んでしまうのでせっかく盛り上がったのになあという感じです。
でも読んでいる間は面白くてほとんど一気読みでした。

No title

> めにいさん
一部の根強いファンがつくというのが納得でした。
ホラーとしてはマニアの心をくすぐる出来かもしれないですね。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR