〈スカウト52〉ニック・カッター

正統派ホラーということで、ホラーに正統派ってあるんだ。。。(笑)
無人島でボーイスカウトの子供たちがキャンプをするのだけれど、そこに見るからに尋常でない激痩せな見知らぬ男がやってくることから悪夢がはじまるという話。
無人島、逃げ場がない、絶体絶命、と、これだけでジェイソン系なホラーな感じを期待するんだけれど、どうもいまいち盛り上がらないのはどうしたことか。。。
全篇にわたって何か怖さの焦点をずらされてしまっていて、この感じキングの「アンダー・ザ・ドーム」を読んだときのもどかしい感じと思っていたら、キングの「キャリー」を手本にした手法だったらしい(笑)
男の尋常でない激痩せの原因が、いわゆるダイエットの新薬で(笑)、***虫の突然変異というのがなんかな~
もうちょっと息詰まる話を期待していたのに残念な感じ。
救われないラストは正統派ホラーそのものなんだけれど。。。

2014年11月 早川書房発行 ★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

ダイエットの新薬で激ヤセ


何も間違ってないところがある意味、それだけで充分恐怖かも。

No title

> イカダさん
いやいや。ダイエットの新薬だけが原因ではないんです。。。それが突然変異したという話で。。。でもそれだけだったら。。。ん?という話ですね(笑)

No title

アウトドア派の元気な子供たちなら痩せた男の一人くらいどうっちゃない気もしますが(笑)

No title

> びぎRさん
いやいや。。。痩せた男だけならやっつければ良いんですけれど、相手は***虫の突然変異ですから。。。

No title

ホラーに正統派って確かにあるんですかね?^p^(笑)
ホラーと定義されればどれも正統派な気がしますが。
というか最近正統派とそうじゃないのの境界線が分かりません(笑)

正統派という見出しで期待しすぎてがくってなった感じですかね?これは。

No title

> 白月 光菜さん
この小説がホラーの正統派なら、正統派というのはちょっと面白くないかな、とは思いました(笑) もうちょっとハメを外した感じなホラーが私にとっては面白いかも。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR