カエル少年失踪殺人事件

韓国の三大未解決事件の一つである 「城西(ソンソ)小学生失踪事件」を映画化ということで、なにやら面白そうな気配を漂わせていたので(笑)どれどれと鑑賞。
1991年3月26日、統一地方選挙日に山へ「カエルを捕りに行く」と言い残して出かけた5人の小学生男児が行方不明になるという発端から、ぐいぐいとストーリーに引きつけられる。
本当に次から次へと繰り出される展開に引き込まれ目が離せないという感覚、この吸引力が凄い。
そして次々と明らかになる真実にゾッとする。
怖いのでもうここまでで観るのをよそうと思いながらも、先の展開が気になってついつい観てしまう。
これは技ありの映画かもしれない。
映画の構成が良すぎる。
謎が面白すぎる。
役者さんが怖すぎる(笑)
最後の犯人だと思われる青年の眼がすでにイッてしまってます。
笑う前歯でさえもイッてしまってます。
もう顔面イッてしまってますね、この方。。。(笑)
きっと、この犯人というのは監督さんの創造だろうけれど、ここらあたりの怖ええ~感というのが圧巻で、さすが韓国映画はあなどれない。
最初から最後まで何もかもに説得力がありすぎていちいち心の奥底にぐいぐい来る。
とても心に残る映画を観た満足感というのを久しぶりに感じた映画かもしれない。
しいていえば邦題が残念!という感じだけれど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

児童の行方不明。たとえ韓国人でもこれは気の毒です。

映画になるほどの事件。解決してほしいですね。

No title

> イカダさん
もう時効を迎えてしまったみたいだから犯人が捕まっても罰することはできないけれど、補償金はとれそうです。。。

No title

タイトルから既に気になりますね^p^
見ている限りこれは白月も気になる部類の気がします。
そこまで引付が凄い、技ありの映画だったらもうよそう、と思いながらも見てしまうかも知れませんね。
怖くても、ほら人間って怖いもの見たさって感覚ありますから(笑)

怖いその犯人の顔が気になりますwww

No title

> 白月 光菜さん
タイトルで気になったのならこのタイトルで成功だったのかも。。。(笑) 怖い犯人の顔は。。。こういう顔で勝負が出来る役者さんの勝利かも。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR