2014年10月の読書メーター

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1389ページ
ナイス数:24ナイス

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51oNDb4OxjL._SX70_.jpgウール 上 (角川文庫)感想
終末世界、地下144階建てに住む人類、外に出る人間はレンズの清掃をするとき。そして外に出る人間は誰も戻ってこない。。。と、このあらすじだけで面白そうとみたけれど、うん、大当たり。戻ってこない訳もちょっと考えたものになっているし、何よりも人物が立っている。この世界が好きな人にはたまらないかも。下巻へ。。。
読了日:10月2日 著者:ヒュー・ハウイー

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ZHuUfhMNL._SX70_.jpgウール 下 (角川文庫)感想
ラストにいたる顛末が書き込み不足で、そこをもうちょっと書きこんでくださいという感じが不満だったけれど、映画化されるというのでそれに期待したいと思う。全体的にはいろいろとアラも目立つけれど、この設定を考えただけでも成功といった感じ。まだまだこの世界が広がりそうな気配なのでそれにも期待です。★★★★
読了日:10月5日 著者:ヒュー・ハウイー

http://ecx.images-amazon.com/images/I/612N5gOQ1oL._SX70_.jpgシフト (上) (角川文庫)感想
「ウール」以前の世界の顛末をざっと解き明かしたような感じ。急ぎ足なので説明不足を感じるが、「ウール」の世界観の肉付けには必要な話だとおもって読んだ。下巻へ。。。
読了日:10月8日 著者:ヒュー・ハウイー

http://ecx.images-amazon.com/images/I/619SSydNOVL._SX70_.jpgシフト (下) (角川文庫)感想
上巻と違って怒濤の勢いで「ウール」への繋げた感が半端ない。これだけで、おおっとおもった。あとはこれから先に期待しよう。。。★★★
読了日:10月10日 著者:ヒュー・ハウイー

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

謎に満ちた世界、レンズを清掃❓
なぜ帰ってこない❓確かにあらすじだけで惹きつけるなにかがありそう

No title

タヌキさん。この作品は最初のアイデアがハマった感じなので一発屋な感じもしなくないですが、いちおうこれからも注目しときます。

No title

なんかおもしろそうだけど・・・こわそうでもありますね^^;)

No title

toll-npcさん。いろいろと仕掛けみたいなものがあるので、そこのところが面白いかも。。。

No title

私もこういう終末世界ものは好きですし、藤中さんが読んだペースを見てもいかにも面白そうです。

が、うちの図書館にはないようです。遠征するか…(^^;)

No title

> びぎRさん
ウールはかなり面白いんですけれど、シフトがちょっとこの先大丈夫か~的な不安がないでもない。一発屋的な感じもあるんですよね。。。(笑)

No title

SHIFTからWOOLへですか。
未見ですが、地上はどうなっているんでしょうか。
①氷で覆い尽くされている②恐竜達の王国③宇宙人の社会④砂漠だけ⑤うーんと、全部海。だから望遠鏡出したら海底。おさかなさんだらけ ⑥その他。
どれでしょうか?

No title

こんばんは。
ウール、面白そうですね。
図書館にあるのかな?チェックしてみます。

No title

> novel1dayさん
地上は放射物質で出られない設定ですね。まさに終末世界の設定です。砂漠というのが近いかも。

No title

> Puffさん
角川ですが、内容的にマイナーな本なのか図書館にないところもあるみたいですね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR