2014年9月の読書メーター

2014年9月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:685ページ
ナイス数:27ナイス

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51cNUdZY69L._SX70_.jpg女のいない男たち感想
どの短篇もさすがの文章力でサクサクよめるが、なかでも「木野」が面白い。途中からの不穏な展開に惹きつけられた。やはり村上春樹作品はファンタジーっぽいのが好みかも。これはこれで短篇の形を成しているが、ちょっと中途半端な気もするので、ぜひとも長篇で読んでみたい。女のいない男たち=女に去られた男たち。でも女の存在が色濃い短篇集だ。★★★★
読了日:9月5日 著者:村上春樹


http://ecx.images-amazon.com/images/I/41lw2Z4oecL._SX70_.jpg幻肢感想
記憶を失って鬱状態になった女性が治療のためにTMS=経頭蓋磁気刺激法を試したことから恋人の幻を視るようになる。。。ちょっとファンタジーぽい感じかなと思っていたら、ビーカーのホムンクルスからヤバイ展開に。。。(笑) 謎ときとしても微妙だが、恋愛ものとしても微妙。これを映画化して大丈夫だろうか。。。★★☆
読了日:9月25日 著者:島田荘司

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

ビーカーのホムンクルス。ファウストのネタっていろんなところに出てくるものです。

No title

なかなか、重そうな?テーマで読むのがこわそうですね・・・(笑)

No title

女のいない男たち、タイトルだけでも興味あります。
どんな男たちかしら(ふふふ)

No title

ノーベル賞を取る前に村上春樹の代表作ぐらいは読んでおかなければ(^^;)

No title

イカダさん。そーいえば「鋼の錬金術師」にも出ていたかも。ファウストネタだったんですか。。。

No title

toll-npcさん。重そうなテーマだけれど、サクサク読めてしまうのでそこが軽い感じかも。。。

No title

Puffさん。タイトルはいつもオイシイ村上春樹ですね~(笑) タイトルのつけ方が上手い人ほど文章が上手い感じがする。。。

No title

びぎRさん。それなら後期?のファンタジー系をお薦めします。「海辺のカフカ」とか「1Q84」とか。。。

No title

村上春樹は来年こそ文学賞とるのでしょうか?

先日、水石展を観に行きました。
石に水をかけて台において部屋に飾る男たちの趣味の世界です。非常に綺麗でした。
台が妻で石が夫のような気がしました。
夫を支える妻の存在が器であって、器の大小で旦那の価値が決まるような印象を水石から感じられました。
女に去られた男は、台のない石のようなもので、そこらの石と変わらないように思えます笑。
水石として鑑賞品になるか、そこらの石になるかは、石を支える台によって決まるのかも。台は木造ですが、石の形に沿って作られるのですべて特注品です。石は水をかけて天日に干して、数年放置すれば鑑賞品になりますが、台は台職人の手で作られます。非常に高価です。

No title

ノベルさん。なんか村上春樹の作風は大衆向けだからノーベル賞は難しいと聞いています。もうちょっと歳をとって重厚な作風になってから、いただけるのではないかと思っていますが。。。
水石。。。よくわからないけれど、またいろいろなものに手を出しておりますねえ。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR