鑑賞雑記2014年4月

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:14本
観た鑑賞時間:1330分

http://ecx.images-amazon.com/images/I/5195IZm-rxL._SL75_.jpgアバター [DVD]
2011年日本 地味な女子高生が親から携帯をプレゼントされたことから、アバターにはまりこむ。。。たかがアバターで、凄いことになってしまう展開がちょっとばかし安直な感じを受けた。しかも犯罪をばんばん犯しても、警察の影すら見えずで、ここの地域には警察がいないのかと思ってしまうところも非現実的で安直。。。
鑑賞日:04月05日 監督:和田篤司

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61CidNQJt8L._SL75_.jpg人間ミンチ 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】 [DVD]
1972年米 キャットフードの材料に人間様を使って、工場経営を立て直そうとするのだが。。。この年代だからこういった話が撮れたような感じ。なぜに人間様が猫の餌に。。。という疑問はいちいち考えない方が良さそう(笑) B級だと思って軽く観た方が良し。。。
鑑賞日:04月07日 監督:テッド・V・マイクルズ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/2180PKY3WDL._SL75_.jpgねらわれた学園 [DVD]
1981年日本 薬師丸ひろ子が超能力をもった高校生を演じ公開当初、劇場で観て目が点になった作品。あいかわらずトンデモないスケールだ(笑) 大林宣彦監督の若気の至りとしかいいようもなく、あの格好(笑)でピアノ演奏までする峰岸徹が激しく痛い。 オープニングのユーミンの守ってあげたいだけが救いかも。。。
鑑賞日:04月08日 監督:大林宣彦

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51kfS9WX32L._SL75_.jpg人間ミンチ2 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】 [DVD]
2000年米 続篇ということで、いきなり無意味なSFキター(笑) ゆるいテンポは前作同様。食糧難の宇宙人(笑)が地球に食糧提供してもらいにきて云々の結末が気になって観てみたけれど、なにもオチがなかった! 無駄な時間を過ごしてしまった!(笑)
鑑賞日:04月09日 監督:テッド・V・マイクルズ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Iy2uXjZpL._SL75_.jpgメシア・オブ・ザ・デッド
1973年米 父親との連絡が途絶え、心配した娘は町をおとずれるのだが。。。ゾンビものにしては展開がゆるすぎるが、映画館でのジワジワとくる恐怖は面白い。でも早く逃げてくれればいいのにと思う(笑) のんびりと構えられると観ているほうはストレスがたまる。。。それが狙いかも。
鑑賞日:04月10日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61L-RdNtr3L._SL75_.jpgべるぜバブ 第一巻 【初回限定版】 [DVD]
1~60話 ヤンキー率120%の石矢魔高校の男鹿辰巳はある日、川から流れてきたおっさんを割り、そこから出てきた赤ん坊になつかれ、育てるハメになるがその子は大魔王の息子だった。。。ヤローたちはどうでもいいけど(笑)、暴力に目を潤わせて喜ぶベル坊に毎回、癒される。 敵が巨大になるほど面白くない感じ。最初の石矢魔東邦神姫を倒す話がいちばん面白かったかも。
鑑賞日:04月16日 監督:高本宣弘

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51aC%2BKFFsgL._SL75_.jpg息もできない [DVD]
2010年韓国 育った環境で暴力的な性格の青年が、同じ環境の女子高校生に出逢い変わっていく。。。よくあるストーリー展開だが、過酷すぎるためにやけに斬新な印象を受ける。ラストにいたっては息もできない展開で、やはりこうなってしまうのか、と。韓国映画の底力を感じた。
鑑賞日:04月17日 監督:ヤン・イクチュン

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ZQHCEH0ML._SL75_.jpgウェルカム・トゥ・コリンウッド スペシャル・エディション [DVD]
2002年米 終身刑の囚人から聞いた儲け話を実行するコソ泥たちの顛末。金庫強盗というわかりやすい展開なのでサクサクみられる。しかしあまりにも間抜けすぎてプロとしてどうかと思う。別の職業についたほうが賢明かも。。。(笑)
鑑賞日:04月18日 監督:アンソニー・ルッソ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51heYKXuR-L._SL75_.jpg死霊のえじき [Blu-ray]
1985年米 ゾンビが世界にはびこる近未来。地下基地で生き残った軍人と科学者の対立が日増しに激しくなる。。。ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ三部作の最終作ということなんですが実は最近までこの映画がゾンビものだと知らなくてタイトルだけでいちばん苦手な、おっかないお化けの話だと決めつけていた(汗) もっと早くゾンビものだと気づけばよかった。誰だこのタイトルつけた奴は(笑) しかしはらわた抉り出しシーンが凄すぎる。ゾンビよりも人間同士があやうくなるのはこれからのゾンビもののテーマなのかもしれない。
鑑賞日:04月18日 監督:ジョージ・A・ロメロ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Vv1iLRHuL._SL75_.jpg劇場版 名探偵コナン 絶海の探偵 スタンダード・エディション [DVD]
2013年日本 海自のイージス艦で起きた事件にコナンたちが挑む。。。海自の全面協力でイージス艦が舞台ということで妙な重みがある。スパイを絡めた話も無難な着地で久々に面白く、多少の無茶な展開も許せる範囲。脚本がしっかりしている印象を受けた。
鑑賞日:04月18日 監督:静野孔文

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51uynhbkPIL._SL75_.jpg東京少女 (通常版)
2008年日本 携帯電話を落とした先はなんと明治だったが、いつしかその時代の人と携帯電話で繋がっていく。。。明治人が現代人ぽいのが難点だが、明治と平成の銀座でそれぞれデートするさまはなかなか考えたものになっている。
鑑賞日:04月21日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31ewxebIIZL._SL75_.jpgKIDS 初回限定 『絆』
2008年日本 他人の傷を自分に移す特殊能力がある少年と、喧嘩ばかりで荒んだ生活を送っている少年との絆を描く。。。冒頭に「スタンド・バイ・ミー」の曲がかかると凄く良い映画に見えてくるから不思議。実際、良い話なのだが、ラストで2人が怪我して横たわっているのに放置プレイがあまりにも長すぎて、誰でもいいから早く気付けよ、と突っ込みたくなった。
鑑賞日:04月22日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Gl5aomUaL._SL75_.jpg舟を編む 通常版 [DVD]
2013年日本 辞書作りに挑む編集者らを描く。。。もっと熱い話だと思っていたら、意外に淡々とした展開でちょっと拍子抜けしたけれど、辞書をつくるという仕事の大変さを知った。あの辞書を隅から隅まで、しかも何度もチェックするなんて、気が遠くなります。。。
鑑賞日:04月24日 監督:石井裕也

http://ecx.images-amazon.com/images/I/612sD73g%2BuL._SL75_.jpg電人ザボーガー スペシャルエディション(Blu-ray Disc)
2011年日本 秘密殺人強盗機関シグマ(凄い機関だ(笑))に父を殺された主人公が、父の遺した変形型バイクロボット、ザボーガーで闘う。。。1974年にテレビ放映された特撮ヒーローものらしいけれど知らなかった。青年期のヒーローを演じた俳優さんの真面目すぎる濃い演技に笑った。細かいところにも特撮ヒーロー愛に満ちて、これも笑える。しかもヒーローものにあるまじきラブシーンにも大爆笑。いや、もうあれは傑作です(笑) 後半の20年後のヒーローは糖尿病と現実感が素晴らしい。。。(笑)
鑑賞日:04月30日 監督:井口昇

ウォーキング・デッド シーズン4 後半9話~16話
散り散りとなってしまった仲間たちがそれぞれに終着駅を目指すことになるという話で、かなり地味で淡々とした話だけれど、個々のキャラクターを深く掘り下げていて見ごたえがある。どうやら終着駅にいる人間たちは一筋縄ではいかないみたいだけれど、所在不明のベスや他の仲間たちの行方も気になるところです。しかしシーズン5に行く前にこれだけ引くとは。。。(笑)

鑑賞メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

井口監督にはまってしまったのか?(笑)
ザボーガーに出てる鈴木京香のコスプレがよかった。
息もできないは、観たいけどいたそうで観る勇気がない。。。

No title

ばっどさん。あっと、「片腕マシンガール」の監督さんでしたか。ぜんぜん知らずに観てました。。。(汗) でもこれで「ゾンビアス」も期待できそうです(笑) 息もできないはラストにいくに従っていたすぎるので注意が必要です。。。

No title

『死霊のえじき』は公開当時、劇場に観に行きましたよ! あのバブの存在は大きかったですね。

『ウォーキング・デッド』はいつもいいところで終わりますね。まぁ、海外ドラマはいつもそうですが(苦笑)

No title

kennyaskrさん。そのころからもうそういうのに目覚めていたんですね。。。私はその頃は映画と言ったらアニメかアイドル映画だったかも。。。(笑)
ウォーキングデッドはなんとかhuluで観られました。シーズン5も放映になったら、また契約したいと思います。

No title

こんばんは☆
東京少女、面白そうですね。明治と平成でデートですか。どんなんでしょう?

No title

すごおおおい。。よくこのような映画をたくさん見ますね。。死霊のえじき。人間みんち。ミミズバーガー。悪魔のどくどくもんすたあ。ソドムの市。ゴアゴアガールズ。悪魔のいけにえ。死霊の盆踊り。へええ~たいしたもんです。どっぷりはまりこんでまあ~。
・・・・・・あ、ここまでは行ってないようですね。
良かった。。

舟を編むは見ました。淡々としていましたね。そういえば、たった一人で数十年かけて大辞典を作った人がいます。小説家になりたくてフランスに行ったが、小説を書くために必要な類語を知る必要があって、そこでこつこつ数十年かけて類語大辞典を作った。大シソーラスです。この人のほうがすごいよ。実話です。まだ60歳ぐらいで健在。 「日本語大シソーラス」(大修館書店)たったひとりで膨大な類語を整理してまとめた日本人。
藤中さんこの本を是非探して眺めてみてください。たぶん驚くと思う。辞書が箱みたい。ここに座れるかもしれないぐらい分厚い辞書です。作者は山口翼です。

No title

Puffさん。銀座というところは明治ころからの老舗もあるからか、そこで明治人がプレゼントを買って平成人が受け取る、みたいなことも出来てなかなか考えたものになっています。

No title

ノベルさん。辞書は広辞苑を一度だけ読んだことがありますが、全て忘れてしまっていますね。無駄な努力でした(笑) たったひとりで辞書をと言うのは凄いですね。私だったら、気が遠くなって、気絶してしまいます。。。

No title

え!アバターってアバターじゃないんだ?!
昔ザボーガーちょっと見たかも・・・くらいだね^^;)

No title

toll-npcさん。昔の特撮ものって実は内容とか全然覚えていないんですよね。特撮じゃないけれど「がんばれロボコン」あたりだと最終回近くの内容を覚えているんですが。。。

No title

ねらわれた学園、私は映画はわりに最近見たんですがユーミンの曲から抱いていたイメージを覆すトンデモ度合におののきました(笑)

No title

びぎRさん。最近、観たのではあの世界観にはおののいたでしょう。当時も激しくぶっ飛んでおりましたよ。とくに峰岸徹の出演シーンは、劇場が笑いの渦になったものです。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR