2014年3月の読書メーター

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:892ページ
ナイス数:13ナイス

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51h2mV7mWKL._SX70_.jpgチャイルド・オブ・ゴッド感想
「ザ・ロード」の巨匠、コーマック・マッカーシーが描く暴力的な性向を持つ男の話。人であって人でなし、な人間を格調高い文体で描いた感じだが、さすがに自分の娘を**したり、遺体を**したりする展開は、げんなりかも。。。★★★
読了日:3月3日 著者:コーマック・マッカーシー,CormacMcCarthy

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51gh3HMa9bL._SX70_.jpgNewton (ニュートン) 2014年 03月号 [雑誌]感想
特集が三角関数なんだけれど、一瞬、三角関係と読んでしまった。下のフェロモンの文字がいけなかったんだろうか。。。(笑)
読了日:3月10日 著者:


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51-bmGHxbYL._SX70_.jpg向かい風で飛べ!感想
冬季オリンピックでもお馴染みなジャンプ競技を扱った青春小説。少女が主人公ということで高梨沙羅を彷彿させる。そうえば著者も出身が北海道だったっけ? そこそこ面白いんだけれど、著者特有の変な話?(笑)を期待していたので、ちと残念な気もした。★★★
読了日:3月17日 著者:乾ルカ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Vt3XDxStL._SX70_.jpg世界一初恋~小野寺律の場合~ コミック 1-8巻セット (あすかコミックスCL-DX)感想
アニメにハマって、そのままの勢いで増税前に漫画を大人買い。かなり前にBLから足を洗ったのに、どうしてくれるんだ!(笑) リアルな少女漫画編集部の世界に王道BLがツボにはまる。しかもアニメよりも濃いし。。。(笑) 久しぶりに2人の行く末を見守りたい気持ちになりました。
読了日:3月26日 著者:中村春菊

http://ecx.images-amazon.com/images/I/412n5Db19eL._SX70_.jpgグレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)感想
昔、読んだのだけれどいまいちピンと来なかったので村上春樹氏の翻訳で再挑戦。途中までやはりこれは私には駄目だと思っていたが、事故から一気読み。なるほど、こういう話だったのか。。。(笑) でもそれほどの名作と言う感じは受けない。この小説の本当の良さを知るには原文で読まなくてはダメらしい。英語を日本語に訳す難しさというのを改めて知った。★★★☆
読了日:3月27日 著者:スコットフィッツジェラルド

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

乾ルカさんの新作ですか?ちょっと立ち読みしたい感じです。

No title

めにいさん。いつもと違って普通の青春小説です。次の新作といい、路線変更したのか心配です。

No title

三角関数(関係)?!(爆)
でした。
高校で三角関数がわかれば理系に進んで技術者になれたのに!
っていまだに思ってます^^;)
この記事読みたいから図書館でさがしてみよ!

No title

三角関係はニュートンで特集はしないだろうなあ。いや、生物分野でありうるか?(笑)
乾ルカ作だと変な話がいつ出てくるか期待しながら読んじゃいそうですね(笑)
グレートギャッツビーは昔挫折した記憶が(^_^;)

No title

toll-npcさん。図書館で渡されたときに一瞬だけ思ってしまいました(笑)
三角関数、いろいろと考えると訳わからなくなります。詳しくは図書館で読んでくださいね。。。

No title

びぎRさん。図書館で渡されたときに三角関係も科学で解明されるようになったかと一瞬だけ思ってしまいました(笑) 乾ルカは路線変更の岐路に立っている感じです。グレートギャッピー。。。うん、わかる。。。(笑)

No title

グレートギャッツビーは途中から変化球というか読めない展開になってきますよね。ディカプリオ主演の映画で見ました。
この映画はおもしろいですね。小説は、なんか読む気しないというか、映画見たからいいや!

三角関係には笑いました。フェロモンとの関係でなんか新しい仮説が生まれたとか。。これもニュートンでは扱えそうですね。

No title

グレートギャッツビーは映画もありましたね。翻訳者によってニュアンスが変わったりしますね。難しい~。ちょっと読んでみたくなりました。

No title

ノベルさん。 グレートギャッツビーは映画で観るという手がありましたか。だいたいの話をつかむには映画で鍛えてからのほうがいいかも。
そのうち三角関係も科学で解明される日がくるかもしれない?

No title

Puffさん。ほんと、翻訳者によっては何が書いてあるのかわからないものもありますね。その点、村上春樹氏の翻訳はわかりやすくて、なおかつ読みやすかったです。

No title

確かに三角関数とフェロモンの組み合わせは絶妙ですね~ 編集部、まさか狙った?(笑)

No title

> びぎRさん
かなり狙ったかもしれない。。。そしてその狙いにまんまと引っ掛かった人。。。私ってことで(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR