鑑賞雑記2014年2月

2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:8本
観た鑑賞時間:794分

http://ecx.images-amazon.com/images/I/514iY%2B2V07L._SL75_.jpg鍵泥棒のメソッド [DVD]
2012年日本 風呂場で滑って記憶を無くした男と、出来心でその男になり代わった男が起こす騒動。初っ端から結婚を仕事のように計画的にこなす広末涼子扮する香苗に爆笑。旬の堺雅人は香川照之に見事に主役を持っていかれてしまったけれど、飽きさせないストーリー展開でなかなかの出来。脚本が素晴らしく完璧だった。
鑑賞日:02月03日 監督:内田けんじ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/5106pwZNeYL._SL75_.jpg片腕マシンガール [DVD]
2007年米・日 弟の仇をとるために片腕になっても意思を貫く少女を描く。。。キワモノの匂いがしたのでおそるおそる観たのですが(笑)、あまりの面白さに一気に観てしまった。これでもかというほどのこだわりの血飛沫。すっぱすっぱと胸までも容赦なくやるさまにただただ唖然。少女の胸はどうなってしまったのだろうか。。それだけが気がかりかも(笑) だれか、おっぱいマシンを造ってというかんじ。。。
鑑賞日:02月05日 監督:井口昇

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Oe9-HIFmL._SL75_.jpgグリーン・ホーネット [DVD]
2010年米 父親の死で新聞社を継ぐことになった男が、車や機械の改造の天才を相棒にして、秘密裡に悪に立ち向かう。。。なにも考えずに素直に楽しめる作品。カトーはアメリカ在住日系中国人かも。。
鑑賞日:02月06日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51vkRhIl04L._SL75_.jpgブラックブック [DVD]
2006年蘭・独・英・ベルギー 第二次世界大戦下のオランダで家族をナチスに殺され、一人生き残ったユダヤ人女性を描く。。。波乱万丈な歴史娯楽大作と言う感じで飽きずに観られる。裏切り者は誰だ的な話でもあるので最後まで予断を許さないところがいい。しかしユダヤ人って髪の色で見分けるんでしょうか。。。日本人の眼には見分けがつきません。。。
鑑賞日:02月09日 監督:ポール・バーホーベン

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61lbmq2MCtL._SL75_.jpgメガ・ピラニア [DVD]
2010年米 ベネズエラの川で消えたアメリカ大使に、米政府から調査に来た男がある事実をつかむ。。。陸に飛んでくるピラニアに蹴りを入れて海に帰すシーンに爆笑。大ききゃいいってもんじゃないんですけどね。。。あまりのアホさに最後まで観てしまった(笑) しかもラストのオチに、あれで上手くまとめて大丈夫なのかと突っ込みを入れたくなった。。。
鑑賞日:02月18日 監督:エリック・フォースバーグ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/511v%2BY-D86L._SL75_.jpgうさぎドロップ [DVD]
2011日本 祖父の葬式で出逢った哀しげな少女を独身男が引き取って育てる話。主人公が子育てに対してぜんぜん葛藤がなく受けて入れているのに、観ていてちょっと不自然で無理があるのではと思ってしまう。たぶん、原作はとてもいいんだろう。感動的に創っているが、色々な場面が省略されている感じが原作を読んでいないのにわかってしまう。
鑑賞日:02月18日 監督:SABU

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51njO6ZFBcL._SL75_.jpgデジャヴ [DVD]
2006年米 4日と6時間前の映像がみられる監視モニターを使ってフェリー爆破犯を追う刑事を描く。観たような観ていないようなデジャブにさらされながらも最後までみてしまった。見終わって2回目鑑賞だということに気づく。いろいろと突っ込みどころがあるけれど、ここまでやってしまえば、大したもんだと思う。
鑑賞日:02月27日 監督:トニー・スコット

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Typ-Khk3L._SL75_.jpg呪い村 436 [DVD]
2006年米.・カナダ 436人しか存在できない村に国勢調査にやってきた男だったが。。。アメリカは広いから隔離された村ものにはうってつけ。話の展開は遅いけれど、妙なテンションのあがる映画かも。。。
鑑賞日:02月27日 監督:マイケル・マックスウェル・マクラーレン

ウォーキング・デッド シーズン4 前半1話~8話
ゾンビが跋扈する終末世界でゾンビ、人間よりも脅威なアレ。。。なるほど。。。ここにきてこういった展開がまだ残っていたのか。。。しかし良い人、提督も行きつく先は結局、同じだった。しかも提督があの方を殺したことには衝撃。全世界を敵に回してしまったしまった感じがする。だからか、あの結末は身から出た錆で仕方がないのかも。。。またもや、散り散りになってしまった仲間たち。。。後半が待たれます。。。鑑賞メーターになし。。。

鑑賞メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

「鍵泥棒…」見事でしたよね~。いつも主役を食ってしまう香川ですけどそれなりに頑張っていた堺にさすが!って思いました。
うさぎドロップは、ほんのりとした雰囲気がテレビで見てちょうどいいサイズでした。
ブラックブック・グリーンホーネット、デジャブ。。見たことがあるのを、藤中さんの書いたあらすじを読んで思い出しました(笑)。

No title

めにいさん。「鍵泥棒~」は考え抜いたきちんとした脚本が良かったですね。最近、鑑賞メーター以前に観た映画が観たのか観ていないのかわからなくなっている自分がいます(笑) これからの映画は鑑賞メーターに記録してあるので大丈夫そうですが。。。

No title

片腕マシンガールはとっても気になってます。
そんなに面白いならhuluのお試しで観なくては(笑)
メガ・ピラニアはアホでしたね~ でも何かパワーを感じました(笑)

No title

『ブラックブック』は名作ですね。おそらくヴァーホーベン監督作の中では最高傑作ではないかと・・・。

『ウォーキング・デッド:シーズン4』の続き(第9話)、今日からFOXで始まります。
カウントダウン開始!あと1時間40分!(笑)

No title

びぎRさん。片腕マシンガールはその単純明快なストーリー展開に血飛沫命な展開なので、好き嫌いがありそうな気もしますが、私はなかなか面白かったです。メガ・ピラニア、たしかにアホです。アホすぎて笑えます。

No title

kennyaskrさん。「ブラックブック」は先へ先へと見せる展開が上手いですよね。
あっと。FOXテレビ、今日からでしたね。何度もスカパー!に入ろうかと思ったけれど、とりあえずはDVDになるまで待とうということになりました。。。

No title

あ。鍵泥棒おもしろそうですね。。

最近このようなユーモア系のが好きかもしれません。
先日「ロボ爺」という映画で、中古家電販売の会社鈴木電気の画策で、お爺さんがロボットの中に入ってしまう内容でしたが、まあ~ユニークでしたね。ベタなドタバタだらけの自分が失笑する場面も多かった作品でしたが。
しかし日本はこのように制作費をかけないユーモア系の作品が割りとしっかりしているのかも。
CG作品は。。ちょっとどうもね。。
CGはもう食傷しています。。

No title

ノベルさん。鍵泥棒~はユーモアが、きいていて、なかなかの出来でしたよ。爺さんがロボットの中に入ってしまう、ロボ爺ってきいたことがある。その設定だけで美味しいですよね(笑)

No title

デジャブはTV放映でみましたが、おいおい!パラドックスがミズリー川?(だったかな)ですまされて・・・・
TBしときます
片腕マシンガール、おもしろそうですね
昔、義足がマシンガンというB級は見た記憶がありますが・・・^^;)

No title

toll-npcさん。デジャブは突っ込みどころがいっぱいでしたね。。。(笑)
片腕マシンガールはちょっと血が飛びますがなかなか面白かったです。義足がマシンガン。。。たしかにあったかも。私も観たことがある。。。

No title

今度は井口監督の「ゾンビアス」を鑑賞してみたら。。。カレーを食べながら見るといいよ。バッドは昼ごはんカレー食べながら観たから。。。

No title

ばっどさん。なんかそれだけで内容の想像つきました(笑) 今度、カレーを食べる日にでも観てみます。。。

No title

片腕マシンガールみました(爆笑!?)
TBしときます・・・・

No title

toll-npcさん。観ましたか・・・(笑)
TBどうも、です。

No title

堺雅人のダメ男っぷりに共感しました(笑)

No title

> びぎRさん
堺雅人の役者としての引き出しの多さは凄いものがありますね。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR