〈Newton 2013年10月号〉

Newton 2013年10月号

【アインシュタインの時間論】 相対論の伸び縮みする時間、理解の鍵は「光速」
時間が伸び縮みするということで、今までの常識を覆した「相対性理論」
今回のニュートンの特集はまたもや「相対性理論」ということで、個人的にはもういいよ。。。(笑)みたいな感じもあるわけですけれど、今回、「過去へのタイムトラベルも原理的には可能かもしれない」というので、そこだけ読んでみた(笑)
特殊な状況下──「どこでもドア」のような時空トンネル「ワームホール」がある場合と、宇宙全体が回転していた場合のみできるということ。
でも、結局、宇宙が回転していたり、「ワームホール」があるという証拠は今のところないのだそうで、過去へのタイムトラベルは無理っぽい感じです。
過去へのタイムトラベルはいろいろと矛盾も生まれてくるので、将来的にもできない方がいいのかもしれない。。。

【驚異の植物たち】 100メートルを超す巨樹、発熱して腐臭を発散させる花
世界一大きい花として知られ、腐臭を放つ「ショクダイオオコンニャクの花」
あれ? たしか昔は「ラフレシア」とか言っていたいたような。。。
今と昔では呼び名も変わってしまうんですね。。。

水素をエネルギーとする社会が間もなく始まる】 出るのは水だけ。
この記事はPR広告なんですけれど、水素と酸素を使って、水の電気分解の逆の反応で電気を起こす燃料電池ということで、なかなか画期的なものが出来ていたんだと感心したしだいです。
といっても、こんな車はかなりバカ高いでしょうけれど。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

相対性理論については確かに「またか」ですね~
でも何度読んでもよくわからない(笑)
ラフレシアがそんな名前に。。。何があったんだろう?

No title

藤中さんありがとう。カスタム設定情報。カレンダー更新日が変化していないのか、一見判りにくいのですが、自分も変えてみました。かなり変ですよ笑。でもおもしろいね。
相対性理論ね。過去は無理、というか過去も現在進行しているので、痕跡は今でも判る。哲学者ジャックデリダの語る痕跡という奴だとおもいます。
ワームホール。おもしろい説だけど人体が耐えられるかな?具体論がないので、専門家でも無理。
ショクダイオオコンニャクって大きいけど相当にくさいらしいですね。植物園で見れるかも。。
その燃料電池はおもしろいですね。量産すれば安くなります。

No title

びぎRさん。たしかに、もうよくわからないので、いいよ。。。ですよね(笑)
ラフレシアはいつの間にかそうなっていたので、今までの私の記憶は何だったのか、と思ってしまいました。ちゃんと覚えている人がいてくれてよかったです(笑)

No title

ノベルさん。たしかに更新日のカレンダーが見づらいですね。でもよく見ると、青色になっているんですよ。。。
いま見たけど、筆背景ですね。こだわりが感じられました。。。(笑)
相対性理論はよくわからないので、すみませんがノベルさんの会話についていけません。。。(笑)

No title

こんばんは☆
過去へのタイムトラベルが可能になっても、ちょっと怖い。そんなに何でもできる世の中もつまらないかも^^;

No title

Puffさん。いまのところはその可能性は少ないので、大丈夫かも。。。将来的にはよくわからないですけれど。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR