〈Newton 2013年4月号〉


Newton 20134月号


【大数学者をも熱中させつづける「素数のふしぎ」】 はたして、素数にかくされたルールはあるのか?
素数は「2」以上の整数のうち、1と自分自身でしか割ることが出来ない数で、2、3、5、7とその数にはキリがなく延々につづいている。
数学者ユークリット、ガウス、オイラー、フェルマーらが、素数の隠れたルールを探求してきたにもかかわらず、発見から2500年経った今でも、謎である素数ということらしいけれど、はっきりいって、延々と続く素数にルールがあるとか考えるのは、キリがないような気もする。
素数は素数なんだから、それでいいじゃん、と(笑)
個人的にはこんなことに時間をかけて考えるのが不思議って感じだけれど(笑)、インターネットでクレジットのカード番号を書くときに、素数を使ったRSA暗号が使われて、第三者が盗み見ても解くのが不可能ということらしいので、どうやら役には立っているようだ(笑)
RSA暗号を絵で説明されていても、あいかわらずよくわからないんだけれど。。。(汗)
でも今回、ぼんやりと分かる程度にはなりましたが(笑)
世紀の難問「リーマン予想」に至っては、それ自体がいったいどういうことだかよくわからなくて説明のしようがないけれど、証明すれば100万ドルの賞金がもらえるらしい。
なんかよくわからないけれど、凄いぞ、数学。。。

【身近な?の科学「まぶた」】 何の役に立っている? 一重と二重のちがいは?
眼球に物体が接触しそうになったり、光が強すぎたりすると、まぶたが閉じて守られる。
涙を眼球に行きわたらせたり、といろいろと役に立っていたりする。
一重二重のちがいは眼瞼挙筋の先端の腱膜の構造が関係しているようだ。
最近、上まぶたが垂れ下がって完全に眼を開くことが出来なくなる「眼瞼下垂」という病気が流行っているとのこと。
加齢のほかに、ハードコンタクトレンズの着脱を繰り返すことで腱膜の損傷が原因らしい。
ソフトコンタクトレンズでも、なる人もいるそうだ。
そろそろ、コンタクトレンズのやめ時かもしれない。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

素数に入れてもらえない1はなんだか不憫です。
まぶたがないと寝るときには不便ですね~(笑)

No title

びぎRさん。自身以外でしか割り切れないのにね。。。
まぶたがなかったら、人間、気持ち悪いです(笑)

No title

まぶたがなかったら・・・、おさかなさんですか?

No title

うさうさようこさん。あっと。そういうことになりますね~(笑)

No title

素数の並びには、一定のルールがありそう。ルールは波形なんでしょ?それが広がったりすぼまったりする。でもなかなかその波形の法則がわからない。JPEG画像をテキストで開いてみて、暗号みたいな文字の羅列から画像が判る人は、マトリックスの映画キャラレベル。純粋数学はすごいね。それで人生送る人もいるぐらいだから。
自分は二重だから寝不足になると三重県になるときも。
自分はメガネ派。コンタクトは癖になるけど、メガネは楽よ。。

No title

ノベルさん。素数に関しては何も考えない方が身のためかもしれない。。。
この記事を読まなくても最近コンタクトが面倒になってきたので、そろそろ眼鏡と考えています。眼鏡も知らない間にだいぶ安くなりましたね。

No title

「こんなことに時間をかけて考えるのが不思議」には同感ですね~(笑)

No title

びぎRさん。こんなことに時間をかけるのが専門家なのでしょうが。。。(笑) いま気づいたけれど、ちょうど900コ目のトラックバックだったようです。といっても何も出ませんが。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR