〈Newton 2012年12月号〉〈ドラマや小説じゃわからない!!警察官たちの24時〉

Newton 2012年12月号
【ノーベル賞緊急特集「iPS細胞】 時間をさかのぼるように、細胞を未成熟な状態にもどした
今年のノーベル賞受賞で誰もが「iPS細胞」という言葉を知ったのだけれど、いったいぜんたいどういうものかというのをニュートンらしく詳しく解説してあります。
1962年にイギリスのガードン博士がカエルの卵子を使って史上初めてのオタマジャクシの細胞の核を初期化することに成功し、クローンのオタマジャクシをつくった、というのがiPS細胞への出発点となったそうで、このガードン博士は中山教授と共に、ノーベル賞を受賞したようです。
そのあとの1998年にES細胞という受精卵の胚からとった細胞が、胎盤以外のすべての種類の細胞になれることから、当時「万能細胞」ともてはやされたのですが、子宮に戻せば赤ちゃんになるはずの胚が使われるために、作成には倫理的な問題があり、しかも拒絶反応も大きな壁でした。
その倫理的な問題をクリアしたのが「iPS細胞」
なにせ患者の細胞からつくりだすわけですから、拒絶反応も倫理の問題もない。
ただ精子や卵子をつくることは問題があって、ここのところはやたらと踏み込めない領域かも。
「iPS細胞」をつくりだすことは、海外研究者たちとの激しい競争もあったようです。最終的には計算ミスが幸いしたという思わぬ運もあったようですが(笑)
この「iPS細胞」、将来的には臓器を丸ごと再生するという方向に行くようで、これから先、映画「アイランド」とか「私を離さないで」とかの文学がなくなってしまう感じもします。。。

【ミトコンドリア】 太さ0.001ミリのスーパーマシンが、私たちの健康を支配する
ミトコンドリアというと、DNAは父親と母親から一セットずつ譲り受けるけれど、ミトコンドリアDNAは母親からしかゆずりうけないので遡っていくと1人の女性に行きあたると、生物は大昔にミトコンドリアに寄生された、というのだけ覚えています(笑)
それにしても20~15億年前の侵入者のミトコンドリアは、いつのまにか人間の体の健康までも左右する重要な宿主になってしまったようです。。。

【潜入 スーパーコンピューター「京」】
2番でもいいじゃないですかでお馴染みの?スーパーコンピューター。
想像を超えるでかさにびっくり。コンピューター自体が地下1階地上3階の建物かよ~ 熱電源も別棟があるみたいだし。。。富士通、恐るべし。。。一家に一台というわけにはいかないかも。。。

2012年11月発行 ニュートンプレス

ドラマや小説じわからない!!警察官たちの24時 桜田門研究会
警察に関しての知識はかなりあるほうだと勝手に思い込んでいるのだけれど(笑)、近年ではその知識を得ることに飽きてしまい、今ではそこらへんで見かけた制服警察官の後にこっそりついていったりとかの観察型警察マニアとしての活動しかしていないので(笑)、ちょっと最新の知識を仕入れてみようと思い立ち手にとりました。今回は何と言っても無線機にとって代わって、GPS、指紋認識機能を持った警察専用携帯電話『Pフォン』の存在が最大の収穫でした。2009年から警視庁の一部の警察署で試験的に使われていて、2011年から順次に使われていくらしい。あと警察手帳。制服警官は左胸のポケットに入れているらしいですが、私服警察官の場合は首から掛けても携帯できるらしい。でも私服の人が警察手帳を首から下げているところなんて見たことがない。たぶん恥ずかしいからポケットに入れておくとみた(笑) 携帯している拳銃も今回わかって「ニューナンブM60」「S&WM37エアーウェイト」だそうで、どっちかどっちだと思っていたのだけれど、2種類あるんだということがわかった。あと、警視庁は殺人犯捜査第一~第十二係。ずっと強行犯捜査第一~第十二係だと思っていた(汗) 敬礼は、帽子をかぶっていない時は普通にお辞儀をするだけだそうだ。なるほろ。。。

2012年4月発行 洋泉社
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

IPSとか復旧すると、もうSFの世界がもうすぐな感じがします。
警察は調べば調べるほど奥が深い組織でしょうね
しかし、制服警官を追跡するのはいかがなものかと

No title

タヌキさん。ips細胞って知れば知るほど凄いことだと思います。制服警官にこっそり付いていくは、追跡がばれないようにやっていますが、万が一、職務質問された場合、通りすがりの人畜無害と言おうと思っています。。。

No title

知らないとそのまま受け入れてしまいますが、警察も小説とは違うんですね。知っているとその違いも楽しめるものなんでしょうか?

No title

めにいさん。たまに読んでいて、あれ?ここのところおかしいとか思いますが、すべてを知り尽くしているわけではないので、逆にもしかして実際はこうなのかもしれないと思ってしまいます。

No title

iPS細胞は昔たまたま読んだニュートンで知っていたので今回の受賞はなんか他人事じゃないようでちょっと嬉しいです(笑)
警官の拳銃ちょっと調べてきましたけど、両方ともリボルバーなんですね。オートマチックより信頼性が高いのかな?

No title

大脳の「私」の意識さえ残してくれたら、あとは構わないのでは?笑
え? あかんかな。ips細胞は「私」という意識さえも、別の「私」という物を作ってしまえるのかな。
ミトコンドリア。うん。そうですね。
「京」より人間の創造力のほうが素晴らしい。
藤中さん、警官マニアでしたものね。
現行犯の取調べについて、その場で、過去の犯罪歴が、すぐ判るようになっているのかな。悪い事を考える人がいなくならない限り、刑事物は廃れないのかな。もう色んな刑事のドラマや小説とか出てきたので、「今度は何かな」という感じしかもたなくなりました。
やっぱり「太陽にほえろ」が一番。もう「相棒」の話も出なくなりました。あれだけ話題になっていたのに。

No title

びぎRさん。昔のに載ってましたか。ニュートンって何回も同じようなことを特集するから、たまにもういいよ的なものもあるけれど、新しい読者獲得のためでもあるんでしょうね。iPSは未だによくわかっていないからか、いつ読んでも新鮮ですが。。。(笑) 拳銃、オートマじゃないんですね。あんまり撃つ機会がないから?(笑)

No title

ノベルさん。iPSはこれからいろいろと研究して、またそれでノーベル賞を獲る人も出てくるんでしょうね。
過去に犯罪を犯した人は指紋で犯罪歴がわかるようになっていると思います。じつは「太陽にほえろ」も「相棒」も観たことがないんですよね。「太陽にほえろ」のときはきっとアニメのほうに気を取られていて(笑)、「相棒」のときはテレビを映画以外観なくなっている時だからと思います。

No title

iPS細胞や警察のことやら、なかなか興味深い内容ですね。

No title

Puffさん。いろいろとわからないことを本で説明してくれるので、有難いです。。。

No title

IPS細胞 ノーベル賞 で プログ検索中です。IPS 簡単に言うと 卵子を人が 作り上げたということかなぁ?
クローン人間移植手術~精子は まだ できないのかなぁ?人は 神の存在に近づいたのだろうか?不老不死~。脳細胞と人生~。
どの精子を 使うかもあるのかなぁ。DNAにおける 微細分化(ミクロ~。人造人間 登場かなぁ。キャシャーン 懐かしいナァ。綾波レイかなぁ。医学研究会(名前検討中

No title

村石太さん。iPS細胞って、皮膚から臓器を再生できるから凄いですよね~
まだ人間の誕生には踏み込めない感じですけれど、誰かが先走ってしまうかもしれないですね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR