〈残穢〉〈鬼談百景〉小野不由美

〈残穢〉
「残穢」と書いてザンエと読むそうです。
タイトルからしておっかない感じだったので、図書館予約を取るのに腰を引けていたんですが、「十二国記」シリーズの小野不由美ということでいちおう並んでみました。
同時期に出た「鬼談百景」も「残穢」に関連があるということで、そちらも予約することに。。。

作家の私は昔の小説のあとがきに「怖い体験談」を募集し、それがいまでも読者から送られてくる。
その中で知り合いになったライターの女性の体験談が、もう一人の別の読者の恐怖の体験談とリンクをしはじめて、その恐怖の出来事の過去を探るうちに断片的に色々なことがわかってくる。。。

ひぇぇぇ~ こ、これはっ、やはり読むんじゃなかったと思うほど怖かったです!
いや、とてもではないが、夜寝る前には読めない代物で、仕方なくまだ明るい午前の仕事中にさっさと読んでしまった(それも問題だが。。。(笑))
ノンフィクションのような、もろ、怖い話なので、読んでいて全篇ゾッとする感じで、記事も書きたくないほど(笑)
なので、思い出すのも嫌なので、あらすじも詳しく書けない。。。
とくにある部分は、これを読んでしまった私も、もしかして。。。といった感じになって、それだけでゾクゾクきます。
とにかくマンションやアパートなどで1人暮らしの人にはお薦めできないかも。
それでも読みたいという人は、覚悟しいや。。。(笑)
でも結局、なんだったんだろう、という結末はちょっといただけなかった感じもするけれど。

新潮社 2012年7月発行 ★★★☆

〈鬼談百景〉
こちらは「残穢」で、主人公が読者から集めた実話集というところかも。
小野不由美版百物語といった感じで、おっかなくてゾクゾクくるような話。
百話もあるから、最初は夜に読めないほど怖かったのだけれど、途中、もういいよ的な感じにもなった(笑)
百も物語を書いた意義は認めたいけれど、もうちょっと終わり方が考えたものになっていたら、よかったかも(オチがなくて途中で放り出したようなものも多かったので)
でも実話だったのなら仕方ないかもしれないけれど。。。

メディアファクトリー 2012年7月発行 ★★★
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

覚悟できないわ~^^;っということで、この作品はパスします。

No title

怖い~~!藤中さんの記事を読んでいても怖いのにとても読めません(笑)。秋の夜のホラーって真実味がありませんか?

No title

Puffさん。そのほうが賢明です。特に寝る前に内容を思い出すと怖いです。

No title

めにいさん。ほんとうにもう素人は手出ししないほうが。。。って私は何なんだという感じですが(笑) いまや貞子を思い出しても怖くないですが(笑)、この本の決定的な場面を思い浮かべると死にそーなくらい怖いです。。。

No title

残穢買ったのですが、20ページくらい読んですでに怖くなって中断しています。気力のある時に、再開できるかどうか。。。。

No title

異邦の騎士さん。最初の難関ですね。。。(笑) ほんと、気力のある明るいうちに読まないと。。。夜は絶対ムリです。

No title

そんなに怖いんですか~? と少々疑い気味です(笑)
図書館待ちが多いので後ほどになりますが挑戦しますよ。
一人暮らしですがとりあえずは夜に。。。

No title

びぎRさんはリングを映画館で観たりと、怖いの大丈夫そうな感じなので、もしかしたら大丈夫かな。。。私はこれが映画化されたらぜったいに観ないと思います(笑)

No title

小野さんの残穢ですか。
なるほど。残った穢れということですね。
もしかして忌み話的なものかな。読むとのろわれるとか。
実話怪談からぱくったのかな。怖いの表現はよくわからないけど、
僕はもう怖いという感覚がすっかりなくなったとおもいます。
世の中に怖いものは何も無い。全て空想です。達観してしまったのかも。だから怖いというものが、僕には通用しなくなったのかもしれません。でもちょっと最近ホラー読んでないから、のぞこかな笑
確か旦那が綾辻さんでしたね。彼のは昔一時期ちょっと読んだけど、ぜんぜん響かない。ホラーなんだけどね。。ホラー小説は庶民のお化け大会かも。

No title

ノベルさん。本書ではないのですが、読むと呪われるというのもあるみたいですね。こんなの読んでしまったら、それだけでビビってしまいます、私は。。。怖いという感覚がなくなる極致を味わってみたいですけれど、まだまだ私には怖いものがたくさんありますから当分はダメでしょうね。。。

No title

これは読まないといけないかもしれない。
私、死鬼とか好きだった。

No title

タヌキさん。ノンフィクション的な手法をとっているからか、妙に怖いです。怖いのが好きな人にはお薦めです。。。

No title

私の記事を読んで思い出して嫌な思いをしてください(笑)

No title

びぎRさん。むむっ。。。ついに来たか。。。(笑) 受けて立ちます。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR